負けられないB型肝炎との戦い

自分が感染しているB型肝炎ウイルスとの共病ブログをメインに、 旅行や、これまでの経緯を投稿していきます。

タグ:B型肝炎

前に書いた転職の話の続きをしようと思う。

今でこそ転職のイメージは良くなっているものの、
昔は悪いイメージだった。

その悪いイメージが頭にありながらの転職活動について、
ご覧いただきたい。



目次

エントリー
面接
内定~入社
※これは福利厚生がしっかりした会社に転職した場合の話


エントリー


理系分野(研究開発)の中途採用に限った話ではないと思うが、
基本的に中途採用は経験に対して採用する。

例えば営業の経歴があれば営業職で採用されやすいとか、
研究開発職、経理職もそうである。

なぜならその会社にその部門の人材が不足しているから。
そのために中途採用をしているのだから。


ただ自分みたいに製造職から研究開発職に転職することも可能!

この場合は、以下の理由がある。

・大学時代の経歴
・研究開発の分野と製造現場の分野が類似

大学時代の経歴については、化学系の大学院を卒業しているので、
ある程度基本的な知識はあった。

分野の類似について、
たとえばペットボトルの開発をしている時、
ペットボトルを製造するときの状況やシステムを理解している人がいれば、
開発の速度は迅速になる。

自分はそのような理由があって、今の会社に縁があって採用があった。


これ以外だと、エントリーするときに足切りにあってしまう。
自分も履歴書送ったのに

『ご縁がありませんでした。』
『今後のご健闘をお祈りいたします。』

のようなメールが届いた。


ただ中途採用は新卒採用よりも圧倒的に選考が早く進みやすいはずだから、
何も心配することはない。

エントリーしてそれが通ればほぼ内定をもらえるはず!


面接


面接は新卒と同じように三回。


一次面接では人事担当者2人のよくある普通の面接。

自己アピールとか今までの経歴の話とか趣味の話とか・・・

新卒の面接と違うのはそのとき結婚していたこともあったので、
転職について嫁と相談したかとか、
入社したら転勤になるが、嫁はどう思っているのかとか聞かれた。

結果はリクルーターの方から1日後に二次選考に進めたことを聞いた。


二次面接は技術面接という名目で、
子会社の社長とその工場長、別子会社の技術営業部長の3人。

この面接で不採用になったら人間不信になるかもしれないくらい、
笑いあり、真面目ありの面接で、
年収や採用された場合とかの細かい話もしてくれた。

『うちの年収は比較的水準が高い』
『子会社の工場が〇〇県にあるけど、だいぶ田舎だがそっちに行く可能性もある』
『最初は研究所勤務で、のちに子会社に出向になる可能性がある』

そのほか興味を持たれていろいろ質問されたり、
こちらからもぶっちゃけた質問をしたりして、
当初の時間の1時間もオーバーして終了。

面接当日の夜に合否の連絡が来て、もちろん選考は進んだ。


そして最終面接。

役員面接とは聞いていたものの、
人数は聞かされていなかったから、
通された役員室を開けたらビックリ。

5人もいた😵

新卒の面接でも3:1が一番多かったから、
さすがにビビったが、そんなことも言ってられない。

聞かれた質問に対して何答えたかわからないし、
ホントに何にも覚えていないし、
1時間半の面接時間だったのだが、
今までで一番早く時間が過ぎていた。

それくらい緊張していた。

結果は帰りの新幹線でリクルーターから電話が来て内定が出た。

それから入社まで人事の人と連絡を取って、
採用条件とか福利厚生について話があった。

内定~入社


内定の連絡を受けた次の日にリクルーターの方から、
内定通知書をメールで頂いた。

通知書の中身は、

採用条件(待遇等)
勤務地
勤務時間
給与条件
手当
入社日

が記載されていた。


給与に関しては年収、月給、年間賞与(ヵ月)が記載されていた。

この給与に関しては手当を含んでいない金額だったため、
手当を含めたら交代勤務をしていた前職と同等の金額だった!!!!!

まぁ今の会社の方がボーナスが多いので、
年収は一緒だとしても月給は大幅に下がったんですけどね。。。
その分ボーナスをもらった時の感激は大きいですが!

入社日は指定されてはいたが、
日にちの後ろに【弊社希望日】と記載してあったので、
連絡して少し遅くしてもらった。


それから入社誓約書の提出、確定拠出年金の有無、
妻の健康保険、入社前健康診断、退職手続き等を行い、
内定日から約2か月後に入社した。
(前職を退職したときの話はまた後日!)


前のブログでも投稿したけど、
今の職場に不満があるなら絶対環境を変えるべきだと思う!

不満をガマンしてまで尽くす意味がある会社であれば別だけど、
そんな会社はないと断言したい。

独立したり、フリーになったり、転職したり、方法はいくらでもある。

まぁ成功したから言えることかもしれませんけどねw


今は団塊の世代が定年をむかえる時期で、
どの企業も人が足りないから、だれにでも大きなチャンスはある!

ブログのタイトルとかTwitterでわかる通り、
自分はB型肝炎ウイルスキャリアである。

この病気にかかると相当厄介なことが多い。

ということで当事者としてB型肝炎について、
過去に書いた内容についてのまとめになるかもしれないが、
感染するとこんなことがあるよということを紹介しようと思う。


周りに公表しづらい


現在、B型肝炎は性病によって感染するということが
周知されていると思います。
性病の検査項目にもあるからね。

たとえ病気になったとしても、
『私は〇〇の病気にかかっています!』なんて、
大々的に公表する人はいないと思う。

ただ会社の健康診断で、検査項目の一つにある場合がある。

自分が前の会社に入社した時、
入社時の健康診断から1ヶ月後の結果報告の時に、
当時の総務課長から呼ばれて、

『あなたはB型肝炎ウイルスに感染しているかもしれないから、病院に行ってください。』
『これは性病だから注意してね。』

だけなら別に良かったのだが、

『まぁ前のパートナーを恨むしかないね。』

はぁ? そんなんじゃないし、余計なお世だし。
第一自分は性行為での感染じゃねーし。


ということで、会社員だと健康診断等でバレるし、
不愉快な上司だとこんな感じで言ってくるパターンもある。

まぁそれから広まることはなかったが、
【B型肝炎の感染=性行為感染】のイメージが強いから、
あまり仲のいい友達にもあまり公表しづらい。


通院がめんどくさい


B型肝炎ウイルスに感染してしまったとき、
ふとした時にウイルスが暴走して、
肝機能の数値が高くなるか全くわからない。

その場合、【経過観察】というのが必要になってくる。

これは定期的にウイルスが増えているか、調べる必要がある。

いつまで?

ウイルスがなくなるまで。。。

ただウイルスをなくすなんて不可能のはずだから、
一生ってことだね。。。

ってことは一生通院ってこと。

別に3ヶ月、もしくは半年に一度の血液検査だから、
そこまでの頻度ではないが、
一般の人よりは病院に行かなければならないのだから、
なにかとめんどくさいことには変わりはない。


ひどくなるとさらにめんどくさい


B型肝炎ウイルスが暴走すると、
慢性肝炎になる可能性がある。

現在の自分の症状だが、
これは本当にめんどくさいし、お金がすごくかかる。

血液検査の頻度は1〜2ヶ月に一度と多くなるし、
ウイルスを一時的になくす薬を飲まなければならない。

いつまで?

ウイルスがなくなるまで。。。

ってことで、一生飲まなければならない。。。

パートナーに感染させてしまうことも・・・


この病気は言わずもがな性病の一つ。

正直ワンナイトラブとかの不特定多数との性行為を行うなら、
別にいちいち申告しなくてもって思うけど、
パートナーとなるとそうはいかない。

感染させてしまったら、責任を取らなくてはいけない。

実際嫁には付き合う前に公表している。

まぁ自分は結婚を前提に付き合おうとも思ったし、
別れたとしたら、それはそれでなんか悪いし。。。


ということで、感染させちゃうかもという背徳感があるのが、
この病気の厄介なことの一つである。



ということで、B型肝炎ウイルスとは非常に厄介な病気。

現在でも年間10,000人くらいの人が感染しているみたい。

母子感染は仕方ないとしても、性行為での感染は防げる!!!


このブログは超微力ながらB型肝炎ウイルスの感染をとめる
活動の一環になれるように頑張る!!! 

自分がブログを書き始めたのには2つの理由がある。

現状をかえたいのとB型肝炎について当事者として発信したい。

そもそもこのブログは嫁が書いていたものだが、
それを奪った形で最近は自分が投稿しているw

理由は以下の3点。


①副業がしたい


これはサラリーマンとしてはタブーの一手。
会社には規則があって、おそらく大体の会社で副業というのは
就業規則のなかで副業禁止規定ではある。

その中でもロート製薬とかソフトバンクとか日産自動車とかが副業を容認している。

また2017年11月には働き方改革の一環で、政府が副業容認を推進している。

その流れは自分の会社には適応されてはいないが、
いずれ解禁になるはずと期待している。


そもそも副業をしたいと思ったきっかけは、
やはりお金である。

別に本業の収入に不満があるわけではないが、
子供が成人になるまでのお金を計算すると、
やはり相当な金額となる。

また自分が自由に使えるお金が必要だと思ったのも理由のひとつ。


副業でもいろいろ種類はあるが、
アルバイトは年末調整で会社にバレてしまう。
株は少しずつやっているが、お金を生み出すには相当な時間がかかる。
ということで、ブログに手を出した。


②会社の仕事がマンネリ化してきた


今の仕事をし始めてもうすぐ3年経つ。
今年の夏くらいまではやる気に満ち溢れていた。

今の会社には問題が山積み。
上層部も理解している問題で、
自分たち部下に解決策を提案するよう指示をしていた。

この山積みの問題の中で品質問題に関わる対策について、
練りに練って解決策を考え出した。

この解決策をまとめて上層部に報告したところ、

『画期的で品質は確実に良くなるが、コストがかかりすぎる』

と言われ、却下。

いやいや。。。
コストがかかりすぎるけど、
今クレームが来てるものが全てなくなりますよ!
各社品質に力を入れている状況で、うちが見劣りする可能性ありますよ!

と伝えるも却下。

結局コストがかからない案のみ採用されたが、
根本的な改善にはなっていない。

ほぼ半年経った今でクレーム数は変わらないし、
逆に増加傾向。

こんな状況じゃさすがにやる気なくすって。。。

③現状を打破したい

現在の職場では事務所に5人。
製造現場に30人くらいしかいない小規模な会社。

しかも製造現場の30人はほぼ外人。 

毎日同じところに出勤して、同じ人と話して。。。
ということについて正直飽きて来た。

別にイヤというわけではない、同僚の話とか聞くのも面白いし、
給料面でも不満はないのだが、刺激が全くない。。。


こんな現状があと30年近く続くことを考えるとゾッとしてしまった。


というところでブログを書いて発信して、
他人のブログをみて勉強したり、新しい刺激を得たり、
まずはそこから始めてみようと思った。


今後サロンとかにも入って、いろんな人の意見とか聞いてみたい。
もちろんこちらも発信はし続けるけどね!


 

別に離婚とか別居とかするわけではないけどね。


嫁にゆっくり休んでもらうために、実家に帰ってもらった。 

3週間。

長いよね。。。


今回はこの3週間でやるべきことを書きたいと思う。


 


ブログを書く


こんな時はひたすらブログを書こうと思う。

パソコンに向かっている時は結構無心になれるし、
時間をたつのが早い。

普段嫁と子供がいると、自分の時間は21時以降。
でも今は仕事が終われば自由時間!

ただただ寂しさを紛らわすために時間を費やす方法を
探しているに過ぎないけどね。


ブログを書く


なんだかんだで今のところ、ネタには困っていない。

自分の病気を晒すことは最初はビビっていた。

B型肝炎ウイルスに感染することって
どうせ性病でしょって思われるのが一番イヤだ。
実際は違うんだけどな・・・

というのは2年前までの自分。

今の会社に入ってなぜかそういう病状を隠さないで、
必要があればどうどうと伝えるようにした。

そのため、今関わっている人はだいたい自分の病状を知っている。


こういう場で文字にして世の中に公にしても、
匿名だし有名人でもないから特定されるわけではない。

B型肝炎ウイルスについてはこれからも投稿していく。


ブログを書く


最近お金についてシビアになってきた。

娘が大人になるまでのお金を考えて、
今後二人目を考えると本当にお金は大事だと思ってきた。

家族で旅行とかいきたいし、
買いたいものもいっぱいあるし、
家族にお金の心配をさせてたくもない。

今の収入に不満はないが、
贅沢するにはやはり何かアクションする必要があると思った。

友達がYoutuberの編集をやっていて、
ネットビジネスに詳しいのだが、
ブログを書くことを勧めて来た。


ブログを書く


今の会社は副業は服務規程違反。

バレたらどうなるんだろう。

まぁまだ収入得るほどまでこのブログが育っていないけどね。

確定申告する必要がある副業年収が20万を超えるのが先か。

会社が副業を認めるのが先か。


ブログを書く


こういう時にちょっとやりたいことがある。

スタバでMacを開いてブログを書くこと!!


家族でいる時はスタバは行くときもあるけど、
滞在時間はだいたい10分程度。

フラペチーノ買って飲んですぐ退店!
そうでもしないと娘が騒ぎ出す!

しょうがないね。
いずれ娘がおっきくなったら二人で行ってみたいね。


自分が就活のとき、上野のスタバでよく履歴書を書いていたのだが、
そのときにパソコン開いている人がチラホラ。

少しかっこよく見えた。

それがMacならなおさらかっこいいんじゃない!

とふと思ってやってみたい!


こんな感じの日常のブログもそうだけど、
何かしら自分が世の中の誰かに有益な情報を発信できるようになりたい!!!!!
 

妻が前に投稿したブログでわかるように自分はB型肝炎ウイルスが悪化し、慢性肝炎になった。

そもそもB型肝炎キャリアは全国で約200万人いると推定されていて、
その中で慢性肝炎を発症してしまうのは10〜20%らしい。

そうなると自分は日本の人口のうちの0.17〜0.34%という
すごく確率が低い人の中に入っている。 
人数としては40万人と少し多く見えるけど。


慢性肝炎になったと判断したのはHBV−DNAの量が増加してしまったから。
なぜ多くなったいうのは理由がわからない。
おそらく前職の肉体労働と精神的ストレスがものすごくキツすぎて
HBV-DNA量が増えてしまったのではないかと勝手に想像している。


肝臓は【沈黙の臓器】で有名だから、放置している人も多いと思う。
だから肝臓の数値が悪化しても体の病状に変化はほとんどない。
肝臓に関しては病状が目に見えた時点で致命傷レベル。
おそらく重い肝硬変、肝臓ガンレベルにならないと
病状は出ないんじゃないかなと思う。
ここでの病状というのは体が黄色くなるとか、
おしっこの色が茶色になったりすることをいうのだが、
そんな異常が自分に出たらさすがに医者に直行する。

自分が慢性肝炎になった時には普通に日常生活が送れていたし、
病状は全くわからないレベルだった。

今では薬が処方されて、血液を管理しているから良いものの、
これを放置した場合を考えるとゾッとする。。。


医療保険に入るのにも一苦労。
ア◯ラックとか〇〇生命とかみたいな、
一般的な医療保険、死亡保険には入ることができない。

そりゃそうだよね。。。

一般の人よりも死ぬ確率は高いわけだもんね。。。

ただ持病があっても入れる保険があるが、
それは一般の人が入る保険より月額で1000円ほど高くなっている。


ホントに色々不利だよな〜


って思っててもしょうがない。
自分には嫁と娘がいる。

絶対に死ぬわけにはいかない。

まずは娘が大人になるまでは生きていないといけない。

B型慢性肝炎に負ける=死ぬ=家族を守れなくなってしまう。
そんなことは絶対許されない。


自分が弱気になった時点で終わりだと思っているし、
その様子を悟られても終わり。
こんな風にブログに投稿すると嫁も見るからバレるかもしれないけどねwww


要は自分のB型肝炎ウイルスの状況を投稿するのと同時に、
B型肝炎ウイルス感染者が減ることや、
B型肝炎ウイルスに感染するとこうなっちゃうよ〜っていうのを
発信していきたいと思っている。


そもそも一般の方は
『あ〜そんな単語聞いたことあるな〜』とか
『初耳なんだけど!』
ぐらいの感じだと思うし。 


今後も見やすく、できるだけわかりやすく、
B型肝炎について投稿していきます!!! 

↑このページのトップヘ