ラッセルブログ

自分が感染しているB型肝炎ウイルスとの共病ブログをメインに、 旅行や、これまでの経緯を投稿していきます。

タグ:訴訟

再び例の病院に連絡

慢性肝炎で再訴訟をするにあたり、
旦那の病状が慢性肝炎だったことを証明する必要があった。

そのためにはバラクルードを飲み始めた時に通院していた病院から
証明書を提出してもらう必要があった。

そう。。。例の病院だ。。。
ブログで何度か登場する最悪な病院である。

ただ例の病院は肝臓専門医がいたとしても、
病院自体は肝臓専門の病院ではないことがわかっているので、
例の病院から一番悪い時の数値をもとに紹介状を書いてもらい、
肝臓専門病院で証明書を書いてもらう必要がある。 

弁護士からこれらの手法はB型肝炎訴訟で一般的なもので、
どの病院でも対応できるはずですとのことだったので、早速連絡してみることに。


例の病院に連絡すると、
まずはこちらで一度採血して、
現状を知ってからなら対応可能であるとのこと。

ただこのとき採血して、現状を知ったとしても肝臓の値は安定しているため、
意味がないことはやる前からわかっていたことだった。
その旨を伝えると。。。

『現状で判断できなければ紹介状を書くことはできない。』
『ほかの病院でできたとしてもうちでは受けかねる。』 

ホントに融通のきかない病院だった。。。

この病院は諦めて、次の手を打つことにした。


証明書ゲット!!!

例の病院は早々に諦め、弁護士事務所と相談したのちに、
今通っている病院で紹介状を書いてもらい、肝臓専門病院に持っていくことにした。

この方法は本当にすんなり進んだ。 

今通院している病院も肝臓専門医がいるものの、
肝臓専門病院ではないためほかの最寄りの病院に行かなければいけなかった。 

ただ旦那の主治医と、最寄りの肝臓専門病院の先生は先輩後輩関係で、
紹介状を書いてもらうも、別で電話で連絡してくれたみたいで、
初めて会う先生にも説明せずに証明書を書いてくれた。

ただこのときも例の病院の数値データとカルテをもとに証明書を書いてもらったのだが、
2017年1月くらいの肝臓の数値が悪化した時のデータがすっかりなかったのだ。

これは旦那がもらったデータをファイリングしていたため、
ことなきを得たが、データの管理もなっていない病院だったのだ。
ホントにひどい。。。

旦那が子会社に出向して、転院することになったが、
本当に良かったとこの時も実感したひと時だった。


現状

全ての書類を弁護士事務所に提出し、現在は訴訟に必要な書類が他にもないか
弁護士事務所で精査中。

今後状況が変わり次第投稿していきます! 

 

いろいろ思うところとか不満とかあったが、

なんとか弁護士事務所に依頼されていた書類を全て揃えることができた。



B型肝炎訴訟を行うにあたり、要求されていた書類は以下の通り。


①B型肝炎ウイルスに持続的に感染していることを証明できるもの

②7歳未満で集団予防接種等を受けていることを証明できるもの

③母子感染ではないこと



揃えた書類は以下の通り。


・母子手帳

・両親の血液検査のデータ

・過去、現在に通院していた病院のカルテ




母子手帳を提出したのは要求されていた②の項目の証明になる。

7歳までに集団予防接種を受けたという証明になるため、重要証拠の一つである。

ただいろいろ調べると母子手帳がなくても訴訟ができるみたいだが、

それにはいろいろな書類を提出しなければいけないので手間がかかってしまう。

旦那は幸いにも旦那の親が保管していたのでよかった。



両親の血液データを提出したのは③の項目の証明になる。

母子感染なら母親だけでよかったのでは?という疑問が出てきたが、

もし両親がB型肝炎ウイルスに感染していたのならば、

両親も一緒に訴訟を起こせていた可能性もある。



一番入手するのが困難であった過去、現在に通院していた病院のカルテは

①の項目の証明になる。



この書類を全て提出すると、事務員の方からお礼の電話がきた。

この資料で訴訟が可能かどうか調べて見てから再度連絡するとのこと。



待つこと一週間。

この資料で裁判をしますので、詳しい内容は後日担当する弁護士から電話をさせますとのこと。



さらに待つこと4日。

弁護士との電話。

これが本当に今まで話したことがない感じの人だったらしく、

非常にスマートでわかりやすい説明をしていただいた。



話を要約すると、これから旦那に送付して来る契約書なるものに

サインをして返送してきてから裁判を開始しますので早めに返送ください、

また裁判が終了するまで約一年ほどかかりますので、お待ちくださいとのこと。



まぁこんな複雑で未知の分野ではあまり首を突っ込みたくないので、

大人しく待つことにした。 



ネットで他の方の話を見てみると、忘れた頃の弁護士事務所から連絡が来るというらしく、

とにかく楽しみに待つことにした。



一年以上たったが、弁護士事務所から連絡が来て、裁判が終わったという報告を受け、

後日弁護士の方と今後について話を進めると、

衝撃的なことが忘れられていたことが判明した! 

 
いつも衝撃的なとか書きつつ、こんなもんかと思ってしまっているかもしれませんが、

今回は本当に衝撃です! 

B型肝炎訴訟を始めるために、まずは同時に訴訟を行う予定の

旦那の兄を説得しなければならなかった。



前にこの訴訟があるみたいだよ!って言った時には、

『めんどくさいからやりたくない』の一点張り。。。

そこで説得の方法を変えることに。



まずB型肝炎訴訟が終了した際のメリット(無症候性キャリアの方)として、


・給付金がもらえる

・今後の検査費用が無料になる

・検査に行った際には日当がもらえるようになる


これらを説得材料として旦那の兄に説得。



・給付金がもらえること


お金



弁護士に依頼すると非常に高価な金額を要求されるイメージがあるが、

B型肝炎訴訟は相談料、調査料、着手料が無料で、

完全成功報酬制で給付金から弁護士費用が支払われます。

依頼した弁護士事務所は給付金に対して13%+6万円なので、

無症候性キャリアの給付金は50万円から上記の金額を引いた

38万円が支給される予定。

よく調べてみるとV弁護士事務所は13%だが、

他の事務所は高いとこもあれば低いところもある。


事務所の規模が大きいほどパーセンテージが大きくなるが、

その分訴訟実績数が大きく、信頼できる弁護士事務所であることが分かる。



今となっては依頼したV弁護士事務所の弁護士も事務員も対応が素晴らしく、

すべてにおいてすばやく対応して頂けたので満足しています。


V弁護士事務所と言ったらほぼわかっちゃいますし、

逆に宣伝になるかもしれませんが、

宣伝になるほど影響力もないけど、ほんとにいい弁護士事務所ですw


・今後の検査費用が無料になる。


血液検査



訴訟が終わると、給付金とともに

【特定B型肝炎ウイルス感染者検査費等受給者証】が送られてきます。


これはB型肝炎ウイルスキャリアの場合、

年2回のエコーの検査費用、血液検査の費用、診察代が無料になります。

血液検査と診察代で一度に5000円くらいかかるので、

それが無料になるのは非常にありがたいですね。



・検査に行った際に日当がもらえるようになる


日当




旦那はこの訴訟を途中で中断してしまったので、

この恩恵をもらったことがありませんが、

旦那の兄が言うには年2回、日当をもらえるらしいです。

まぁ国のせいで検査が必要になってしまったと考えれば、

給付するのは当たり前のような気がします。



このような材料をもって旦那の兄貴に説得をしに行くと、

3番目の項目に一番惹かれた。

ちょっとした小遣い稼ぎができると思ったのか、

今までのめんどくささが嘘のように引き受けてくれた。


まぁありがたいことだからよしとしましょう!



これで旦那の兄貴はクリアしたが、あとは旦那の両親。

このことに関してはまた別日に投稿します!

弁護士事務所からかかってくる最初の電話は、事務員の方からの電話でした。

ホームページで記載した情報はおおざっぱなものなので、

いろいろ聞かれます。


  1. 肝機能の状況(ALT、AST、HBs抗原抗体、HBe抗原抗体、HBV-DNA量等わかる範囲で。)
  2. かかっている病院と主治医の名前
  3. 親や兄弟が生きているか、またそれぞれがB型肝炎ウイルスに感染しているかどうか
  4. 母子手帳の有無


1.肝機能の状

この項目については血液検査をするたびに、主治医から検査の紙を頂けるので、

その数値をそのまま伝えるだけでした。

ここでは訴訟をするのに、無症候性キャリアか、B型慢性肝炎のどちらかを

判断するのに聞いてきたと思います。

HBV-DNA量である程度判断できるますが、

当時旦那はバラクルードを処方されており、HBV-DNA量が検出されていないので、

無症候性キャリアとして訴訟をすることになっていました。



2.かかっている病院と主治医の名前

これも事実をお伝えしました。

当時は何もわからず答えていましたが、

かかっている病院が肝臓専門医療機関として指定されている病院なのか、

また主治医が肝臓専門医なのかを確認したかったのだと今は思います。

肝臓専門医療機関はそれほど多くないので、

今かかっている病院も、前の病院も肝臓専門医療機関として指定されていませんでした。

ただ肝臓専門医のことは知っていて、ネットで調べてから病院を選択しているので

今までの主治医はすべて肝臓専門医です。



3.親や兄弟が生きているか、またB型肝炎ウイルスに感染しているかどうか

旦那の両親、兄はご健在。

ただ前に投稿した通り、母はC型肝炎ウイルスキャリアだったが、

インターフェロン治療により現在は健康な状態。

兄はB型肝炎ウイルスキャリアだが、

HBV-DNA量は検出されていない無症候性キャリアということを伝えた。

”生きているか”という質問に対して少し驚きというか戸惑ったが、

もしB型肝炎ウイルス由来で肝臓がんで死亡してしまっていた場合は

それも給付金の対象になる。

また家族内にB型肝炎ウイルスキャリアがいた場合、

同時に訴訟を行うことが可能になるため、迅速に対応をしてもらえます。



4.母子手帳の有無

B型肝炎ウイルスに感染した経緯の一つとして参考になるみたいです。

母子感染であれば、母がB型肝炎ウイルスキャリアという記述があるはずですし、

集団予防接種による感染であれば予防接種の実施日が記載されているはずなので、

重要な証拠の一つになると思います。



初回の電話で聞かれて覚えているのはこの程度。

この電話の数日後に今後必要なデータ等の証拠集めの資料が届きました。。。

↑このページのトップヘ