転職を行う前までは、自分の価値というものを考えたことが無かった。
自分に価値?そんなものが存在する?

人間一人一人にできることは違く、得意分野はそれぞれ違う。

会社が中途採用する場合、他社で培った経験がある人を採用する場合が多く、
自分も今の会社にその経験を評価され、採用に至った。

この経緯を投稿してみようと思います。



嫁に相談



転職をするにはまずは嫁を説得する必要があった。

転職を決意したのは結婚してから4ヶ月後。
むしろ結婚したから真剣に転職を考えたとも言える。

秋田から連れて来て知り合いも全くいなかったし、
頼れるのは自分だけだと思った。

深く考えると今後嫁が妊娠して、子供ができたとする。

当時交代勤務だった自分が仕事の時に嫁や子供が急病になって、
迅速に対応できるか。
おじいちゃんおばあちゃんが近くにいないから、
嫁に全てを任せることができるか。

そんなことを考えると、常勤の仕事を探すべきという説得材料が見つかった。

ただ交代勤務だったから夜勤手当で給料が高めだったことと、
関東圏内で転職を考えていたからさらに引越しが必要という条件を
理解してもらう必要があった。


そのことを嫁に相談すると、

『秋田から出て来たし、関東圏内ならどこでも一緒。』
『納得のいく仕事がしたいならついていくだけ』

ありがたいお話だった。
この話が後押しで転職活動を開始した。


自分の価値

自分が求めていた職種は研究開発職。
そもそもれが目的て大学院まで行ったし、
前の会社にその仕事をするために入社したはずだった。

転職サイトに登録する時に、プロフィールを入力するのだが、
考えると研究開発職を経験していない人がその職種で採用されるのかと
自身がなくなってきた。。。

ただ登録した転職サイトのコンサルタントに相談すると、

『あなたの行なっていた仕事に関する研究開発は世の中にたくさん存在します』
『製造現場にいた2年間で得られた知識、経験は高い価値があります』


確かに大学院を出て専門知識がありながら、
製造現場の知識がある人を欲しがる会社は絶対にあるはず。

この専門性製造現場の経験自分の価値であり、
他の人よりも優れた知識と経験があると自分を鼓舞して、転職活動を行なった

転職活動の内容はまた今度投稿することにして、
活動自体はすんなり終わった。


転職を考えている方へ

少しでも考えているなら、まずは転職サイトに登録するべき。

考えていない人が安易な気持ちで登録すると、
スカウトメールとか、紹介メールに対してうんざりしてしまう。。。

逆に転職を考えている人は、自分の経歴や価値に対して企業やコンサルタントから
オファーがきて、もしかしたら現状よりいい条件で採用してくれる可能性がある。

実際自分も社会人三年目で転職して、なんだかんだで成功している。

最近こんなニュースまで出てきた。

転職は自分のステップアップに繋がるから一度はやるべき!!!

※このブログを読んで転職してうまくいかなくても、自分は責任もてませんwww