ラッセルブログ

自分が感染しているB型肝炎ウイルスとの共病ブログをメインに、 旅行や、これまでの経緯を投稿していきます。

タグ:病気

初めまして。
いつもこのブログで名前があがっている旦那です。
B型肝炎ウイルスに関しての自分の考えを書いてみようと思います。


私は高校生の時にB型肝炎ウイルスに感染していることが発覚し、
10年以上の付き合いになりました。

正直感染していると知ったときはすごくびっくりしたし、
焦ったし、悲しくもなった。

献血で判明したので、献血なんて行かなければよかったってことも思った。

B型肝炎ウイルスは性病の一種なのは既知の事実であったので、
周りにはひた隠しにしていた。

そもそも高校生でB型肝炎ウイルスを知っている人なんて
ごくわずかだと思うし、話題にも上がらなかったので、
隠すまでもなかった。

まぁすごく仲のいい友達に相談しても、
そもそもその病気自体が知らなかったので、
何とも思われなかった。


肝臓は”沈黙の臓器”と言われるように全く症状が出ないので、
経過観察を必須とするこの病気に何も感じなくなり、
大学時代には全く通院していなかった。

大学の健康診断でも肝臓の数値は安定していたし、
肝炎ウイルスを検査項目に入れてなかったので、
大学にバレることもなかったし、
そのときに数値も見れていたので、一年に一度ではあるが経過観察は出来ていた。


ただけがをした時の血に関しては最善の注意は払っていた。
大量出血ほどの大けがはないが、多少のけがでも周りの人には
触らせることは絶対になかった。


前記したとおりこのウイルスは”性病”で、
性行為によって移ることは周知されてきているが、
自分のB型肝炎ウイルスは性行為によって移ったものではないと確信している。

そもそも感染していることが発覚したときはだれとも経験がなかったのだ。。。

だれとも経験が無くて移った病気なら恥ずかしくて、
だれにも言えないが、性病以外の感染だから後ろめたさはない!!!


だから嫁にこんなブログ書きたいといわれたときは賛成したし、
特に名前を公表するわけでもないし、
むしろこの病気のつらさとかむなしさを伝えていけるなら
さらけ出してもいいと思った。


しかも自分の病気は通常のB型肝炎より少し悪化してしまっていて、
B型慢性肝炎となっていた。
現在は投薬治療のおかげで、ウイルスが暴れることなく健康に過ごせている。
正直自分のような30代前半でこのような闘病している人はまれだと思うので、
自分の経験を記していきます!!!


もちろん嫁のブログとはテイストが違う感じにはなってしまうが、
今後ともこのブログを宜しくお願いします。

今回は旦那が社会に出てからのB型肝炎ウイルスの状況について投稿します。


旦那は高校卒業から大学院卒業するまでの6年間、

B型肝炎ウイルスに関して通院することはなかったみたいです。

私には申告しても、肝臓の数値には全く影響がなかったみたいで、

大学に申告することなく、また大学に知られることなく6年間が終了したみたい。

まぁ大学も学生一人一人を管理することはなかったと思います。

(大学出ていないのでわかりませんが。。。)


ただ会社に入社したら隠すことは不可能になります。

会社に入社後の健康診断で”知られてしまい”ます。

ほんとは管理してくれる人が必要なので知られてしまってよかったです。w


健康診断後、しばらくして業務中に総務課長に呼ばれて、通告されます。

『あなたはB型肝炎ウイルスキャリアなので病院に通院してください。』

当時の旦那はもちろん知っていましたが、

健康診断時に記入した持病を書く欄に”なし”を記入していたので、

少し演技をして初めて知ったかのような態度をとったみたいです。


今もですが、旦那はB型肝炎ウイルスに関してあまり危機感が無かったのですが、

3度ほど危機感を感じる時がありました。

このタイミングの通院開始時が1度目のタイミングです。


自分で調べて肝臓専門医がいる病院を探し、

ある個人病院にかかることにしました。


そこの先生はものすごく人当たりがよく、優しく丁寧に旦那の病状を

説明してくれました。

初診の時は旦那の後待っている人がいなかったので、

”肝臓とは”、”B型肝炎とは?”、”血液検査の項目”について教えてくれました。


血液検査の結果を聞くために、一週間後病院に行くと、

先生から衝撃的な言葉が、、、


『HBV-DNAの値が高くなっている。』


聞いた瞬間は専門的な言葉を言われたし、

なんか医学的な言葉だったので驚きと焦りが混在したみたい。

ただ説明を受けると、HBV-DNAの値が高くなったとしても、

AST,ALTの値が正常値であるならば、なんらか対処をする必要はないとのこと。


幸運なことに旦那の肝臓の数値は基準値内に収まっていたみたいで、

この場では【経過観察】をしていくという方針になりました。


転職するまでこの病院に3カ月に一度通院をし、

ときどき基準値ギリギリの場合もありましたが、

何事もなく過ごしていました。


転職が決まった後、担当医に説明し、他院に紹介状を書いてもらうときに、

『肝臓を壊すと、一生を壊してしまう。労わってあげて』

この言葉は数年たった今でも忘れてはいないし、

生きてきた中での名言の一つとしている。

これは旦那だけでなく、お酒が大好きな私にとっても、胸に刺さった言葉です。



↑このページのトップヘ