ラッセルブログ

自分が感染しているB型肝炎ウイルスとの共病ブログをメインに、 旅行や、これまでの経緯を投稿していきます。

タグ:無症候性キャリア

久しぶりにB型肝炎に関する投稿になります。


旦那は国との和解に向けて弁護士と話しているときに、
給付金の話になった。
前にも書いたかもしれないが、B型肝炎ウイルスの無症候性キャリアは
下記のような給付金等をもらえることになる。


・給付金:50万円
・定期血液検査費無料(3カ月に1回だったはず)
・通院にかかわる日当の支給
・母子、世帯間の感染を防止するための医療費



給付金に関しては弁護士に依頼すると、
上記の金額から10数%を成功報酬として支払う形になるのですが、
4%を国から弁護士費用として支給してくれるので、
約10万円を弁護士に支払い、約40万円を給付金として支給されます。

まぁ国の対処が遅かったせいで注射針の使いまわしの対策が遅れてしまったので、
このくらい頂いても!という気にはなります。


ただ旦那の状況はバラクルードを飲んでいて、その薬価代が家計を圧迫していた。

和解したところで、今後の薬価代がかかることは想定内なので、
そのような薬価代に対するフォローはないのかを弁護士に問いてみた。


すると・・・

『バラクルードはいつから飲んでますか?』
『それはB型慢性肝炎にかかったからですか?』
『ちなみに薬価代はいくらですか?』

などなど、、、
いろいろな質問をされたみたい。

要は訴訟内容を慢性肝炎に変更して訴訟をやり直したいとのこと。


これはこちらとしても弁護士事務所にしてもものすごくおいしい話。
仮に慢性肝炎として訴訟をすることになった場合、
こちらには約1000万円、弁護士事務所には約100万円の給付金が来るので、
本当にありがたい話。

しかしこの場合、無症候性キャリアで和解した条件とは異なり、
給付金のみの対応になるみたい。
一生分を比較してみると慢性肝炎で再訴訟を行う方が得ということがわかったので、
再訴訟を依頼することにした。


そんなことよりも旦那は自分がB型慢性肝炎だったことに対して
少し落ち込んでいた。
そもそも無症候性キャリアのうち、低い確率でしかならない病気だし、
自分の病状が悪化していたことが判明してショックを受けていた。

今考えれば確かにショックだとは思うが、
薬を飲み始めた時が慢性肝炎だったので、本来であればその時にショックを受けるはず。。。

まぁあまり落ち込む人ではないので、
給付金が上がることに対する喜びの方が今は優っていて、
給付金が入ったら何を買おうか考えてるみたいw


慢性肝炎で再訴訟するために、別な書類が必要になることがわかり、
また証拠集めをするのだが、ここでまたあの病院に連絡しないといけないことに。。。


弁護士事務所からかかってくる最初の電話は、事務員の方からの電話でした。

ホームページで記載した情報はおおざっぱなものなので、

いろいろ聞かれます。


  1. 肝機能の状況(ALT、AST、HBs抗原抗体、HBe抗原抗体、HBV-DNA量等わかる範囲で。)
  2. かかっている病院と主治医の名前
  3. 親や兄弟が生きているか、またそれぞれがB型肝炎ウイルスに感染しているかどうか
  4. 母子手帳の有無


1.肝機能の状

この項目については血液検査をするたびに、主治医から検査の紙を頂けるので、

その数値をそのまま伝えるだけでした。

ここでは訴訟をするのに、無症候性キャリアか、B型慢性肝炎のどちらかを

判断するのに聞いてきたと思います。

HBV-DNA量である程度判断できるますが、

当時旦那はバラクルードを処方されており、HBV-DNA量が検出されていないので、

無症候性キャリアとして訴訟をすることになっていました。



2.かかっている病院と主治医の名前

これも事実をお伝えしました。

当時は何もわからず答えていましたが、

かかっている病院が肝臓専門医療機関として指定されている病院なのか、

また主治医が肝臓専門医なのかを確認したかったのだと今は思います。

肝臓専門医療機関はそれほど多くないので、

今かかっている病院も、前の病院も肝臓専門医療機関として指定されていませんでした。

ただ肝臓専門医のことは知っていて、ネットで調べてから病院を選択しているので

今までの主治医はすべて肝臓専門医です。



3.親や兄弟が生きているか、またB型肝炎ウイルスに感染しているかどうか

旦那の両親、兄はご健在。

ただ前に投稿した通り、母はC型肝炎ウイルスキャリアだったが、

インターフェロン治療により現在は健康な状態。

兄はB型肝炎ウイルスキャリアだが、

HBV-DNA量は検出されていない無症候性キャリアということを伝えた。

”生きているか”という質問に対して少し驚きというか戸惑ったが、

もしB型肝炎ウイルス由来で肝臓がんで死亡してしまっていた場合は

それも給付金の対象になる。

また家族内にB型肝炎ウイルスキャリアがいた場合、

同時に訴訟を行うことが可能になるため、迅速に対応をしてもらえます。



4.母子手帳の有無

B型肝炎ウイルスに感染した経緯の一つとして参考になるみたいです。

母子感染であれば、母がB型肝炎ウイルスキャリアという記述があるはずですし、

集団予防接種による感染であれば予防接種の実施日が記載されているはずなので、

重要な証拠の一つになると思います。



初回の電話で聞かれて覚えているのはこの程度。

この電話の数日後に今後必要なデータ等の証拠集めの資料が届きました。。。

↑このページのトップヘ