負けられないB型肝炎との戦い

自分が感染しているB型肝炎ウイルスとの共病ブログをメインに、 旅行や、これまでの経緯を投稿していきます。

タグ:嫁

ブログのタイトルとかTwitterでわかる通り、
自分はB型肝炎ウイルスキャリアである。

この病気にかかると相当厄介なことが多い。

ということで当事者としてB型肝炎について、
過去に書いた内容についてのまとめになるかもしれないが、
感染するとこんなことがあるよということを紹介しようと思う。


周りに公表しづらい


現在、B型肝炎は性病によって感染するということが
周知されていると思います。
性病の検査項目にもあるからね。

たとえ病気になったとしても、
『私は〇〇の病気にかかっています!』なんて、
大々的に公表する人はいないと思う。

ただ会社の健康診断で、検査項目の一つにある場合がある。

自分が前の会社に入社した時、
入社時の健康診断から1ヶ月後の結果報告の時に、
当時の総務課長から呼ばれて、

『あなたはB型肝炎ウイルスに感染しているかもしれないから、病院に行ってください。』
『これは性病だから注意してね。』

だけなら別に良かったのだが、

『まぁ前のパートナーを恨むしかないね。』

はぁ? そんなんじゃないし、余計なお世だし。
第一自分は性行為での感染じゃねーし。


ということで、会社員だと健康診断等でバレるし、
不愉快な上司だとこんな感じで言ってくるパターンもある。

まぁそれから広まることはなかったが、
【B型肝炎の感染=性行為感染】のイメージが強いから、
あまり仲のいい友達にもあまり公表しづらい。


通院がめんどくさい


B型肝炎ウイルスに感染してしまったとき、
ふとした時にウイルスが暴走して、
肝機能の数値が高くなるか全くわからない。

その場合、【経過観察】というのが必要になってくる。

これは定期的にウイルスが増えているか、調べる必要がある。

いつまで?

ウイルスがなくなるまで。。。

ただウイルスをなくすなんて不可能のはずだから、
一生ってことだね。。。

ってことは一生通院ってこと。

別に3ヶ月、もしくは半年に一度の血液検査だから、
そこまでの頻度ではないが、
一般の人よりは病院に行かなければならないのだから、
なにかとめんどくさいことには変わりはない。


ひどくなるとさらにめんどくさい


B型肝炎ウイルスが暴走すると、
慢性肝炎になる可能性がある。

現在の自分の症状だが、
これは本当にめんどくさいし、お金がすごくかかる。

血液検査の頻度は1〜2ヶ月に一度と多くなるし、
ウイルスを一時的になくす薬を飲まなければならない。

いつまで?

ウイルスがなくなるまで。。。

ってことで、一生飲まなければならない。。。

パートナーに感染させてしまうことも・・・


この病気は言わずもがな性病の一つ。

正直ワンナイトラブとかの不特定多数との性行為を行うなら、
別にいちいち申告しなくてもって思うけど、
パートナーとなるとそうはいかない。

感染させてしまったら、責任を取らなくてはいけない。

実際嫁には付き合う前に公表している。

まぁ自分は結婚を前提に付き合おうとも思ったし、
別れたとしたら、それはそれでなんか悪いし。。。


ということで、感染させちゃうかもという背徳感があるのが、
この病気の厄介なことの一つである。



ということで、B型肝炎ウイルスとは非常に厄介な病気。

現在でも年間10,000人くらいの人が感染しているみたい。

母子感染は仕方ないとしても、性行為での感染は防げる!!!


このブログは超微力ながらB型肝炎ウイルスの感染をとめる
活動の一環になれるように頑張る!!! 

転職を行う前までは、自分の価値というものを考えたことが無かった。
自分に価値?そんなものが存在する?

人間一人一人にできることは違く、得意分野はそれぞれ違う。

会社が中途採用する場合、他社で培った経験がある人を採用する場合が多く、
自分も今の会社にその経験を評価され、採用に至った。

この経緯を投稿してみようと思います。



嫁に相談



転職をするにはまずは嫁を説得する必要があった。

転職を決意したのは結婚してから4ヶ月後。
むしろ結婚したから真剣に転職を考えたとも言える。

秋田から連れて来て知り合いも全くいなかったし、
頼れるのは自分だけだと思った。

深く考えると今後嫁が妊娠して、子供ができたとする。

当時交代勤務だった自分が仕事の時に嫁や子供が急病になって、
迅速に対応できるか。
おじいちゃんおばあちゃんが近くにいないから、
嫁に全てを任せることができるか。

そんなことを考えると、常勤の仕事を探すべきという説得材料が見つかった。

ただ交代勤務だったから夜勤手当で給料が高めだったことと、
関東圏内で転職を考えていたからさらに引越しが必要という条件を
理解してもらう必要があった。


そのことを嫁に相談すると、

『秋田から出て来たし、関東圏内ならどこでも一緒。』
『納得のいく仕事がしたいならついていくだけ』

ありがたいお話だった。
この話が後押しで転職活動を開始した。


自分の価値

自分が求めていた職種は研究開発職。
そもそもれが目的て大学院まで行ったし、
前の会社にその仕事をするために入社したはずだった。

転職サイトに登録する時に、プロフィールを入力するのだが、
考えると研究開発職を経験していない人がその職種で採用されるのかと
自身がなくなってきた。。。

ただ登録した転職サイトのコンサルタントに相談すると、

『あなたの行なっていた仕事に関する研究開発は世の中にたくさん存在します』
『製造現場にいた2年間で得られた知識、経験は高い価値があります』


確かに大学院を出て専門知識がありながら、
製造現場の知識がある人を欲しがる会社は絶対にあるはず。

この専門性製造現場の経験自分の価値であり、
他の人よりも優れた知識と経験があると自分を鼓舞して、転職活動を行なった

転職活動の内容はまた今度投稿することにして、
活動自体はすんなり終わった。


転職を考えている方へ

少しでも考えているなら、まずは転職サイトに登録するべき。

考えていない人が安易な気持ちで登録すると、
スカウトメールとか、紹介メールに対してうんざりしてしまう。。。

逆に転職を考えている人は、自分の経歴や価値に対して企業やコンサルタントから
オファーがきて、もしかしたら現状よりいい条件で採用してくれる可能性がある。

実際自分も社会人三年目で転職して、なんだかんだで成功している。

最近こんなニュースまで出てきた。

転職は自分のステップアップに繋がるから一度はやるべき!!!

※このブログを読んで転職してうまくいかなくても、自分は責任もてませんwww


今回も旦那の自分が投稿します。
というか今後は自分が投稿して行きます!!!

◇嫁との出会いについて◇
※嫁に対するノロけになっているから少し閲覧注意www

自分には将来の嫁探しに対してあるこだわりがあった。

同じ大学の人とは付き合わないこと!

意図としては大学生だと将来就職すると絶対長期的に遠距離恋愛になるし、
もし結婚となって寿退社し、一緒に暮らすとなった場合、
せっかく頑張って入った会社を辞めるという一人の人生を背負わなくてはいけない。 

そんな風に思っていてフリーターみたいな人を探すことを考えていた。


そんなこんなで大学2年のときに焼肉屋のバイトをスタートしたのだが、
最初の面接で店に行った時に、対応してくれたのが将来の嫁だった!

嫁はまったく覚えていないようだが、自分ははっきり覚えている。 
といってもそのときはお互いなんとも思っていなかった。
 
最初は2個上だったし今までに会ったことがなかったタイプの人だったから、
ただのバイトの仲間の一人だった。

あるときバイト仲間でカラオケに行った後からだんだん気になり始めた。
歌が上手いのと酔ってる姿とか少し可愛く見えてしまった。
しかも大学生じゃない!!!笑 

それから少し経ったときなんとかバイトの後に、ご飯に誘うことに成功!
そこからはぞっこんになってしまって何度もご飯に誘ったり、
うちに遊びにきて付き合う付き合わないとかの話にまでなったのだが、
自分には厄介なウイルスがついてきていた。。。 


◇B型肝炎キャリアの告白◇

これを乗り越えないと次には進まなかった。
要は付き合うとそれらしいことをするから、感染する可能性もある。
最悪な状況の場合、感染して死亡する可能性もある。

とりあえず伝えないとということで、再び食事に誘って伝えることに。

そもそもB型肝炎というワード自体を知らない可能性もあったので、
めちゃくちゃ緊張していたけど、わかりやすく説明しようとすると、

『あぁ〜B肝ね!』

って感じで知っている感じだった。

そう、嫁は退学してしまっていたが、医療系の専門学校に通っていた。
ということで知識はあったし、さらに抗体もできているとのこと。
※健康診断で確認済み!

抗体ができている=感染しないということはわかっていなかったので、
嫁に説明してもらって納得。
ということはそれらしいことをしても大丈夫ということが判明!

ホッとして後日告白して無事カップル誕生!!!

そんな出会いからもうすぐ10年経ちます。

大学を秋田に選択していなかったら嫁に会えてないし、
焼肉屋でバイトしていなかったら嫁に会えてないし、
変な固定観念で『大学生とは付き合わない!』とか考えていなかったら嫁に会えてないし、
嫁は嫁で専門学校を退学していなかったら自分に会えてないし。。。


ホントに人生ってどこで何があるかわからないっすね!!!
 

↑このページのトップヘ