ラッセルブログ

自分が感染しているB型肝炎ウイルスとの共病ブログをメインに、 旅行や、これまでの経緯を投稿していきます。

タグ:大学

前回のブログでは大学院に行った場合のメリットを投稿したが、
今回は逆にデメリット的な話をしようと思う。

実際に自分はメリットとデメリットの割合は9:1くらいかな〜。

自分の経験談とか大学院の同期の話とかします。


 


専門分野で就職ができないことも・・・


これに関しては、当たり前のことを書いていく。

大学院に進学する人の多くは、
専門分野を深く学びたいという思いで進学する。

もちろん自分もそのうちの1人。

まぁ就活のための進学といっても過言ではないが。。。


同期の中にはまだ就職したくないから進学するクズがいた。
公務員試験を受けるために浪人の肩書がイヤで進学するバカもいた。


研究室選びに失敗した場合、
興味のない研究室の興味のない研究テーマで、
大切な大学院生活を棒に振ってしまうというかわいそうな事例もある。

そんな人も含め、適当に大学院生活を送ってしまうと、
就職活動で自分のアピールポイントがなくなってしまう。

そうなると自分が就きたい職業につけないという最悪の事態に。。。


自分の同期でも化学系の大学院に進学したのにも関わらず、
システムエンジニアやサービス業など、
希望の業界に就職できない人がいた。

こんなことになってしまったら大学院に進学しても意味がない。


そもそも大学に入るときもそうだけど、
こういう仕事がしたい、こういう分野の勉強をしたいっていうような、
目標がない人は大学、大学院に進学するメリットは全くない。



就活する時間が限られる


大学院は専門分野を極める場所。

毎日毎日実験して自分が与えられたテーマに対して、
結果を求められる。

まぁ求められる結果なんて簡単に出たら、
世の中の技術はさらに進歩しているはずだし、
ノーベル賞級の研究がザラに出ているはず。


就職活動のタイミングは大学院1年の冬から始まる。

ただ結果を求められるのから実験をしなければならない。

さらに地方大学が都心部で就活するとなると、
移動だけで一日かかる場合もある。

そうなると上京して漫画喫茶で報告会の資料作成を
する羽目になっていた。


そんな葛藤があって自分は内定をもらう時期が少し遅れた。


『この研究の成果が出来なければ卒業させないよ。』

アカデミックハラスメント(通称:アカハラ)という言葉もあり、
大学院生はほんとに大変。


まぁそういう事例は稀だけど、大学院生はほんとに忙しい💦


最近ツイッターで【フリーランス目指して大学辞めます!】っていうのがあったけど、
それはそれで正解だと思う。

大卒の肩書はフリーランスには全く意味がない。

必要ないものに対して執着する必要はない。



大学院に行くと専門知識は得られるが、
それなりの縛りはある。

自分が求める職業が明確に決まっていないと、
大学院に行く必要は間違いなくない。


と思う。


再び旦那の自分が投稿します!


高校の時は半年に1度しっかり血液検査をして、
次の週に結果を聞きに行って、真面目に経過観察をしていた。

まぁ親が連れてってくれたから半強制的だった。。。


大学は県外に出たかったから、
いろいろあって秋田の大学に進学することにした。

親から高校は私立高校に行ったんだから、
大学くらいは国立大学に行ってよねと言われてしぶしぶ僻地へw

首都圏に憧れがあって埼玉の大学行きたかったけど、
センターで失敗したからいけず、
栃木、茨城、群馬はいけるけど、
中途半端に関東に行くのはどうかという変な理由で東北に残ろうと思った。 


福島の大学は地元だから却下。
宮城の大学は学力的に入れるわけがなく却下。
山形の大学は兄貴が行っていた大学なので却下。
岩手の大学は苦手の物理が二次試験にあったので却下。
青森の大学は田舎すぎるから却下。

という消去法で秋田の大学に進学した。 


どうしてもいきたい大学がなかったからこんな理由で進学もありだった。

世の中には東京大学に行きたい!!!京都大学に行きたい!!!
医者になりたいから医学部に行きたい!!!
っていう強い願望がある人が多くいて、
その願望を叶える人はホントに心から尊敬する。


ただ自分も願望がないわけではなかった。
高校2年か3年くらいのときに受けた化学の授業で、
プラスチックの話が出ていた。
なぜか知らないけど、この分野の仕事に就いて
世の中のプラスチック製品に携わりたい!!!という願望はあった。

だから化学系の学科に行きたいという願望はあった。
ただ化学系の学科なんてピンからキリまであった。

そんな感じだから国立大学ならどこでもいいやっていう考えに至ってしまった。

”しまった”っていっても最終的には充実した大学生活を送れたし、
秋田に行かなければ嫁には出会えなかったから結果オーライ!!!


大学に進学すると、通院するよりも遊びたいという思いが先行したり、
大学病院に行った時に待たされた時間が長いとか、
症状ないしっていう理由で経過観察はしなかった。

結果論として全く症状がなかったし、
肝臓の数値も安定していたからよかったものの、
今考えれば一歩間違えれば肝がんになっていた可能性もある。。。

素人目線で若かったから悪化しなかったのかなって今では思う。


こんな感じで投稿を進めていこうと思います。

主張したいことはB型肝炎ウイルスは怖い!ってこと!
若い時はいいとしても年齢を重ねるごとに肝臓は労わるべき!


 

↑このページのトップヘ