負けられないB型肝炎との戦い

自分が感染しているB型肝炎ウイルスとの共病ブログをメインに、 旅行や、これまでの経緯を投稿していきます。

タグ:化学

同じ業界にいる自分がこの問題について考えてみる。


昨日東証一部上場化学メーカー(以下H社)の不正が発表された。
その会社は大学院時代にちょっとだけ入社を希望した一社でもある。

まぁ説明会のタイミングで第一希望のメーカーと被ってしまい、
面接を受けるまでもなかったんですけどね。


このようなH社が不正したことはそりゃこれだけのニュースになりますよ。
しかもその会社の親会社の会長が経団連の会長なんだからなおさら話題にはなる。 


さて、今回の不正問題に関して自分の意見としては
まだまだ公表していない会社があると思う。

原因として以下が考えられる。

・性能上問題ない
・バレない
・供給先を信用している


・性能上問題ない

今回のH社が公表したことに対して、
『性能上の不具合、安全上の問題、法令違反はない』と言い切っている。

上記の問題がないのに公表する必要ある?
という会社は絶対ある。

数年前にあったエアバックメーカーのように死亡事故があるような
製品を作っていたら確かに大問題。

性能上問題ないし、安全性も確認できてるし、法令違反してないし、
別に公表しなくていいっしょ!っていう会社あると思う。


・バレない

これがメーカーの良くないところ。
性能上の問題があるまで、中身を分析しないとほぼ100%バレないと思う。

商品には成分表を公表しているものもあるが、
大体の化学製品は製品の中に隠れているものが多い。

たとえばパソコンの中の基盤とか、テレビの中の液晶など
一般消費者がほぼ分解しないであろうところに使われている製品が多いし、
実際分解して中身がわかる人は極めて少ないと思う。


・供給先を信用している

今回の問題は顧客との契約で当初予定していた検査項目を
行なっていなかったということ。
例えば検査項目が10個あるとしたら8個しかやっていなかった。

10年以上付き合いがある会社で性能上問題ない場合、
8個しか検査をやっていない製品という事実も顧客は知らないし、
そもそも検査項目に合格という文字があれば疑う余地はない。

今回の公表に関してはこの信用が問題だったということ。

正直確かに性能上としては問題はないが、
契約上の問題が発生するので、問題は大あり。


この公表で『技術大国の終焉』とか言われているが、
そんなことは自分は全く思わない。
仕事で中国、韓国の製品に触れることもあるが、
相当酷い製品も多い。
ただいい製品もあるが、日本と同等でもコストがかかるものが多い。


自分は今回の問題に対して擁護派の一人だが、
でもやってはいけないことをやってしまったら
今回のように素早く公表すべきであると思う。

この公表で『技術大国の終焉』とか言われているが、
そんなことは自分は全く思わない。

今回のH社の対応は素晴らしいと思う。

まだ公表していない会社にしてみれば、
冷や汗をかくものであったに違いない。

再び旦那の自分が投稿します!


高校の時は半年に1度しっかり血液検査をして、
次の週に結果を聞きに行って、真面目に経過観察をしていた。

まぁ親が連れてってくれたから半強制的だった。。。


大学は県外に出たかったから、
いろいろあって秋田の大学に進学することにした。

親から高校は私立高校に行ったんだから、
大学くらいは国立大学に行ってよねと言われてしぶしぶ僻地へw

首都圏に憧れがあって埼玉の大学行きたかったけど、
センターで失敗したからいけず、
栃木、茨城、群馬はいけるけど、
中途半端に関東に行くのはどうかという変な理由で東北に残ろうと思った。 


福島の大学は地元だから却下。
宮城の大学は学力的に入れるわけがなく却下。
山形の大学は兄貴が行っていた大学なので却下。
岩手の大学は苦手の物理が二次試験にあったので却下。
青森の大学は田舎すぎるから却下。

という消去法で秋田の大学に進学した。 


どうしてもいきたい大学がなかったからこんな理由で進学もありだった。

世の中には東京大学に行きたい!!!京都大学に行きたい!!!
医者になりたいから医学部に行きたい!!!
っていう強い願望がある人が多くいて、
その願望を叶える人はホントに心から尊敬する。


ただ自分も願望がないわけではなかった。
高校2年か3年くらいのときに受けた化学の授業で、
プラスチックの話が出ていた。
なぜか知らないけど、この分野の仕事に就いて
世の中のプラスチック製品に携わりたい!!!という願望はあった。

だから化学系の学科に行きたいという願望はあった。
ただ化学系の学科なんてピンからキリまであった。

そんな感じだから国立大学ならどこでもいいやっていう考えに至ってしまった。

”しまった”っていっても最終的には充実した大学生活を送れたし、
秋田に行かなければ嫁には出会えなかったから結果オーライ!!!


大学に進学すると、通院するよりも遊びたいという思いが先行したり、
大学病院に行った時に待たされた時間が長いとか、
症状ないしっていう理由で経過観察はしなかった。

結果論として全く症状がなかったし、
肝臓の数値も安定していたからよかったものの、
今考えれば一歩間違えれば肝がんになっていた可能性もある。。。

素人目線で若かったから悪化しなかったのかなって今では思う。


こんな感じで投稿を進めていこうと思います。

主張したいことはB型肝炎ウイルスは怖い!ってこと!
若い時はいいとしても年齢を重ねるごとに肝臓は労わるべき!


 

↑このページのトップヘ