ラッセルブログ

自分が感染しているB型肝炎ウイルスとの共病ブログをメインに、 旅行や、これまでの経緯を投稿していきます。

タグ:上司

自分は今子会社に出向中なのだが、
親会社にいた時とは仕事のスタイルがまったく変わった。


中小企業だから人がいないということをいいことに、
分野外の仕事を任されている。。。

任されているというのは少し語弊がある。

その仕事をやらないと自分の仕事が進まなくなるから、
しかたなくやらざるを得ない状況なのだ。

たとえば親会社にいる時では仕事に必要なものを買う場合、
購買部が相見積もりを取って安い方を購入する。

これを現状では購買の知識、ルートが分からない自分が
商社と連絡を取って仕事をせざるを得ない状況になっている。

ただ仕事の納期を可能な限り遅く設定すれば、
人数が少なかろうが、分野外の仕事が回ってこようが、
時間があるから何とでもなる。


このくらい当たり前だろ!っていう声もあるかもしれないが、
大前提として自分の仕事は研究開発だということを忘れずに、
とりあえず見てほしい。






PCに関する不具合対応

これは一番最近の出来事。

会社のパソコンをWifiでつないで、
共有フォルダとかメールを確認しているのだが、
ある日突然ネットがつながらなくなってしまった。

これは自分のパソコンのみWiFiを使用していて、
他の人は有線のLANケーブルを使用して仕事をしている。

こういう場合の不具合の時は総務”のような”仕事をしている
上司が対応しているのだが、

『俺のPCはなんも不具合ないから自分で何とかしなさい』

と言ってきた。

対処の仕方もわからないから、相当時間がかかることが想定できたから、

『仕事が遅れるけどいいですか。』

と反抗的な態度をとると、

『それとこれは別問題。』

・・・おいっ!!!

確かに別問題かもしれないけど、
今の立場・仕事で現状の給料が発生しているのに、
その仕事をやるのは別料金が発生してもおかしくない。
なんで自分がやらなきゃいけないんだ!!!

といっても聞く耳を持つ上司ではないのは重々承知。

この件に関しては自分で対応した。


経費の使い方がおかしい

これはどの会社でもあるかもしれない。
50代後半のバブル経験世代の人は会社の経費を使って、
豪勢に飲み会を頻繁にしている。

その割に仕事にほしいものに関しては、
お金を出し渋る。

経費の使い方について指摘しても聞く耳を持たない。

経費を使って、会社に利益をもたらすなら別にいいと思うが、
社内の飲み会で何の利益も生み出すはずがない。

あのときはこうだった・・・
いまはこうだから・・・

こんな話ホントにどうでもいい!!!!!!

そんな飲み会に付き合ってる暇はないから、
できるだけ不参加!!!


電話の頻度が多い

これは対して悪くはないのだが、
最近ホリエモンの本を好んで読んでいて、
振り返ると電話の頻度が多い、時間が長いと思う。

電話中に会話の内容で不足している情報とかあれば、
メールで送付してくるし、
電話かけてきても思い出せないからまたかけなおすとか。。。

その時間他の仕事できましたけど!!!
って言ってやりたい。

顧客との納期・金額調整

文章見てわかる通り、これは営業の仕事。
これを技術系の自分にやらせているのが現状。

営業はやることが多すぎて手が回らなく、
結局は自分がやらなければいけない状況になってしまっている。

廃棄物・排水処理の手配

こんな仕事は管理部門がやればいい話。
これも誰もやらずにほったらかしにしていて、
資格を持っているからという理由で任されてしまっている。



これらすべて本当はやらなければいい話。

〇〇が足りないので仕事ができません。
〇〇をやったことが無いのでできません。


といえば済むのだが、自分の性格上ムリ。

まぁこれらすべての仕事をこなさなくても、
定時で帰る勇気はもっているっているし、
時間がかかることを伝えてから仕事を受ければいい。

やるべきことをしっかりやればいい。
今日できなければ明日やればいい。
仕事の納期を守ればそれでいい。


そう思って仕事をしている。




転職が決まるといろいろな人に知らせないといけない。

家族、同僚、上司などなど。


嫁には転職活動する前に伝えていたので、
転職先が決まったことに対してすごく喜んでくれた。

今回は転職することを伝えていなかった人たちにどう伝えたか、
どういう反応をされたかを投稿しようと思う。



家族


今回の転職について、家族には相談しなかった。

自分の実家は自営業で、サラリーマンについてあまり理解していないものの、
古い考えだから転職の話を少ししたら、

『絶対反対!』

としか言われなかったから相談できなかった。

ただ兄には『自分の人生なんだし、嫁がいいなら好きにしな』、
と真っ当なことを言われた。


内定をとってさすがに転職したのに連絡しないっていうのは、
失礼だと思い、電話で報告。

事前相談ない!とか、年収下がるだろ!とか言われたけど、
しっかり説明して納得させた。

納得しなくても転職はしてたけどね。



同僚


ここが結構な精神的にきつかった。
よくしてくれた同僚・先輩には転職することを内定前から報告して、
選考が通るたびに報告していた。

逐一喜んでくれたし、内定取った時には自分のことのように喜んでくれた。

会社には不満はあったし、ごく一部の変な人を除いて、
人には恵まれていた。


話はそれてしまうが、
自分が転職の内定を頂いてからいろいろな人から相談を受けた。

『どこのサイトを使った?』
『履歴書・職務経歴書の書き方は?』
『今まで何社受けた?』

そもそも自分は転職しますといったのは、
おそらく5人くらいにしかしていなく、
自分が転職することに驚いた人が多くいた。

まぁかなりブラックだったし、
社畜と言われても言い返す言葉もないくらい
ひどい職場だったからほかの先輩後輩が転職したいと相談に来ても驚かなかった。

転職してから数か月後に10人くらい集まったのだが、
このとき7人は転職済み、2人は転職活動中だった。

後日談で自分が転職してから15人ほど転職したらしい。。。
ホントに会社としてよく操業できているなというレベル。

上司


ここが今回の話の肝となるところ。

内定を頂いた二日後に出勤し、
仕事が始まる前に課長のところにいき、転職する旨を伝えた。

最初は穏便に話していたのだが、
だんだんヒートアップしてきた。

話始めた時は、

『転職の理由は?』
『次はどういう仕事をするの?』
『給料はどうなるの?』

少し下世話な話もあったが、
年休消化の話をし始めてから口調が荒くなってきた。

『年休は上司の了解が無ければ取れないから休ませない』
『人が足りないのわかってて転職しといて、
 のうのうと年休消化なんて常識知らず』
『年休は一日たりとも使わせない』
『お前みたいな人は1日でも早く辞めて欲しい  』
『早く仕事して!顔も見たくないから。』
『いろんなパイプ使って、次の会社に伝えとくから、使えない奴だって!』

いろいろ言われたが、ここは我慢!と思って仕事に戻ろうとすると、最後のダメ押しで、

『次の仕事キツくなったら戻ってきなよ!契約社員としてね!

自分は何も言わずに去った。


こんなパワハラみたいなことを言われても何もしないのは嫌だったから、
このことをコンプライアンス担当の方に全て話し、
課長には厳重注意、自分は年休は全て消化できるように手配してもらった。

また今の会社の子会社が前の会社に製造委託している製品があるから、パイプは無きにしも非ずだが、不良品が多く、自分が入社したタイミングで製造委託の契約を切っていた。


上場しているけど、いまだにこんな会社はいっぱいある。

ホントに会社に不満がある人は転職するべき!!!
ガマンする必要はない!

↑このページのトップヘ