ラッセルブログ

自分が感染しているB型肝炎ウイルスとの共病ブログをメインに、 旅行や、これまでの経緯を投稿していきます。

タグ:ボーナス

自分のTwitterから来た人はわかると思うが、
自分は化学系の大学院を卒業した。


大学院に行くなんて
大学に進学した時には想像していなかった。

今回は自分が経験した大学院について、
投稿してみようと思う。

 


さらに頭がよくなる!


大学院は専門性を高めるところ。
自分の場合はプラスチックに関する専門性を高めるために、
大学院に進学した。

大学の勉強は高校で勉強したフワってした知識を、
ブラッシュアップする場所だと思ってる。

って言葉にすることは簡単だけど、
ものすごくレベルは上がる。


大学院は磨き上げた知識を使って研究して、
後世に残る結果(データ、論文)を作る場所。

母校の大学院の講義は知識をつけるものではなく、
一応講義はするものの、テストとかレポートはなかった。

主にやることといえばまとめて報告すること。

ただただ自主性を求められる。

あるテーマに対して調べてまとめて、
PowerPointを作って、発表をする。

あるテーマというのは過去の論文や最近のトピックスのことで、
それらを読み込んで、自分に落とし込んで、
その論文に対する自分の意見をまとめる。


自分の知らないことばかりだし、
論文は英語で書かれているものが多い。

そうなると、

英語がわからないと論文を理解できない→英語を勉強する
論文の書いてある内容がよくわからない→専門分野の本を熟読する
最近のトピックスがわからない→専門分野の雑誌を読む

こんな感じになる。

また自分の研究テーマもそう。

知らないことがあれば、過去の論文とか教科書とか調べて、
自分の研究テーマを完成させなければ卒業できない。


講義で知識をつけなくても、
必然に賢くなっていくのが大学院のいいところだと思う。



研究開発職に就きやすくなる!


自分が大学院に行った理由の一つに、
研究開発職に就きたかったというのがある。

大学を出て就職して研究開発ができると思っていた。


そんなある時の学生実験中に、
時間があって大学の先生と話した時、

『大学院に進学しないと、研究開発職には就きづらい』
『うちレベルの大学ならムリ』

こんな衝撃的なこと言われたら、
すごくあせるし、進学も考えてしまう。

という策略だったのかもしれない。

自分はそれにハマって、
大学院に進学して最終的には今の研究開発に就職できたのだが、
前職では研究開発職に就けなかったw


ただ今の会社の先輩後輩、大学院時代の先輩後輩の研究開発に携わる人は
みんな大学院を卒業している。

ということは大学院を出ると、
研究開発職につきやすくなるのは当たっていると思う!!!


給料が上がる!

サラリーマンはそれぞれ評価があって、
1年間の頑張りでボーナス査定とか昇給のレベルが変わってくる。

おそらくS~D評価で表されていると思うが、ほとんどの人がB評価である。
S評価であれば同期よりも少し多めに昇給していたりする。


大学院で入学すると、大卒と同じ待遇を受けると思うのがだが、
修士課程の2年間分はS評価として初任給に反映されている。

ということは2年前に入社した同い年先輩よりも、
若干給料が高くなっている。

まぁこっちは学費払ってるから、
総合的に見たらそんなに上がるともいえないのだが。。。

教授のコネが使えるかも!


就職にはやはりコネが必要だ!
自分は自分でなんとかしたい!と思っていたので
使わなかったのだが、やはりコネを使うといい会社に入りやすい。

教授や講師の先生から

『〇〇の工場見学行ってみない?』
『〇〇の研究所長に話通してみる?』


要は大学の先生も研究資金調達で、
企業とのパイプが必要なのだ。


周りにいた先輩や同期でコネを使って入社したのは、
比較的大企業が多い。

大企業に入るには大学院に進学するのが近道かも!!!


いろんな人にとりあえずすごいねって言われる


現在の大学進学率は50%程度で、
その中の大学院進学率は20%以下。

高校を卒業した人が10人いるとしたら、
5人が大学に進学する。

さらにその5人のうち大学院に進学するのが1人。

そりゃ稀な存在ですよね。


大学院に進学するっていうこと自体すごいし、
10人に1人しかいない。

ただ勘違いして欲しくないのは

『すごいね!!!』

じゃなく、

『へぇ〜すごいね〜(よくわかんないけど凄そう)』

そんな程度なので、これに関してはメリットなし!w


大学院に進学するとこれだけメリットがあるから、
悩むなら絶対行くべきだと思う!!! 

前に書いた転職の話の続きをしようと思う。

今でこそ転職のイメージは良くなっているものの、
昔は悪いイメージだった。

その悪いイメージが頭にありながらの転職活動について、
ご覧いただきたい。



目次

エントリー
面接
内定~入社
※これは福利厚生がしっかりした会社に転職した場合の話


エントリー


理系分野(研究開発)の中途採用に限った話ではないと思うが、
基本的に中途採用は経験に対して採用する。

例えば営業の経歴があれば営業職で採用されやすいとか、
研究開発職、経理職もそうである。

なぜならその会社にその部門の人材が不足しているから。
そのために中途採用をしているのだから。


ただ自分みたいに製造職から研究開発職に転職することも可能!

この場合は、以下の理由がある。

・大学時代の経歴
・研究開発の分野と製造現場の分野が類似

大学時代の経歴については、化学系の大学院を卒業しているので、
ある程度基本的な知識はあった。

分野の類似について、
たとえばペットボトルの開発をしている時、
ペットボトルを製造するときの状況やシステムを理解している人がいれば、
開発の速度は迅速になる。

自分はそのような理由があって、今の会社に縁があって採用があった。


これ以外だと、エントリーするときに足切りにあってしまう。
自分も履歴書送ったのに

『ご縁がありませんでした。』
『今後のご健闘をお祈りいたします。』

のようなメールが届いた。


ただ中途採用は新卒採用よりも圧倒的に選考が早く進みやすいはずだから、
何も心配することはない。

エントリーしてそれが通ればほぼ内定をもらえるはず!


面接


面接は新卒と同じように三回。


一次面接では人事担当者2人のよくある普通の面接。

自己アピールとか今までの経歴の話とか趣味の話とか・・・

新卒の面接と違うのはそのとき結婚していたこともあったので、
転職について嫁と相談したかとか、
入社したら転勤になるが、嫁はどう思っているのかとか聞かれた。

結果はリクルーターの方から1日後に二次選考に進めたことを聞いた。


二次面接は技術面接という名目で、
子会社の社長とその工場長、別子会社の技術営業部長の3人。

この面接で不採用になったら人間不信になるかもしれないくらい、
笑いあり、真面目ありの面接で、
年収や採用された場合とかの細かい話もしてくれた。

『うちの年収は比較的水準が高い』
『子会社の工場が〇〇県にあるけど、だいぶ田舎だがそっちに行く可能性もある』
『最初は研究所勤務で、のちに子会社に出向になる可能性がある』

そのほか興味を持たれていろいろ質問されたり、
こちらからもぶっちゃけた質問をしたりして、
当初の時間の1時間もオーバーして終了。

面接当日の夜に合否の連絡が来て、もちろん選考は進んだ。


そして最終面接。

役員面接とは聞いていたものの、
人数は聞かされていなかったから、
通された役員室を開けたらビックリ。

5人もいた😵

新卒の面接でも3:1が一番多かったから、
さすがにビビったが、そんなことも言ってられない。

聞かれた質問に対して何答えたかわからないし、
ホントに何にも覚えていないし、
1時間半の面接時間だったのだが、
今までで一番早く時間が過ぎていた。

それくらい緊張していた。

結果は帰りの新幹線でリクルーターから電話が来て内定が出た。

それから入社まで人事の人と連絡を取って、
採用条件とか福利厚生について話があった。

内定~入社


内定の連絡を受けた次の日にリクルーターの方から、
内定通知書をメールで頂いた。

通知書の中身は、

採用条件(待遇等)
勤務地
勤務時間
給与条件
手当
入社日

が記載されていた。


給与に関しては年収、月給、年間賞与(ヵ月)が記載されていた。

この給与に関しては手当を含んでいない金額だったため、
手当を含めたら交代勤務をしていた前職と同等の金額だった!!!!!

まぁ今の会社の方がボーナスが多いので、
年収は一緒だとしても月給は大幅に下がったんですけどね。。。
その分ボーナスをもらった時の感激は大きいですが!

入社日は指定されてはいたが、
日にちの後ろに【弊社希望日】と記載してあったので、
連絡して少し遅くしてもらった。


それから入社誓約書の提出、確定拠出年金の有無、
妻の健康保険、入社前健康診断、退職手続き等を行い、
内定日から約2か月後に入社した。
(前職を退職したときの話はまた後日!)


前のブログでも投稿したけど、
今の職場に不満があるなら絶対環境を変えるべきだと思う!

不満をガマンしてまで尽くす意味がある会社であれば別だけど、
そんな会社はないと断言したい。

独立したり、フリーになったり、転職したり、方法はいくらでもある。

まぁ成功したから言えることかもしれませんけどねw


今は団塊の世代が定年をむかえる時期で、
どの企業も人が足りないから、だれにでも大きなチャンスはある!

↑このページのトップヘ