ラッセルブログ

自分が感染しているB型肝炎ウイルスとの共病ブログをメインに、 旅行や、これまでの経緯を投稿していきます。

タグ:ふるさと納税

今年のふるさと納税の寄付金上限額まであと2万円ほど。

前のブログで去年3万円ほどふるさと納税して、
しっかり住民税が控除されていることが分かったから、
今年はしっかり上限額ギリギリまで納税しようと思っている。


これまで肉をメインにふるさと納税をしていて、
現状冷蔵庫がパンパンになってしまっている。。。

となると、肉をひとまずやめておいて嫁の希望のものを選択しようと思った。

嫁は無類のお酒好きでできれば毎日浴びるようにお酒を飲みたい人なのだが、
最近は健康に気を使って必死にセーブしているところ。

お酒は自分もたまに飲むのだが、ビールは全くおいしさが分からん!
日本酒のおいしさはわかるけど、一番好きなのは麦焼酎!

ただふるさと納税で麦焼酎はないから、仕方なくこういうもので代用。



麦焼酎以外にもリキュールとかあるのだが、それは嫁が担当。

そこら辺はいい感じに夫婦間で均衡が保たれているw


次は嫁のためにビールにしようと思っていた。

ビールと言っても嫁は第三のビールののどごしで十分らしい。

よくわからないのだが、
アサヒスーパードライはお店で飲む生ビールが一番うまいけど、
缶ビールになると濃いらしく、あまり好まないらしい。。。


ということでのどごしを中心に調べてみると、
1万円の納税で2ケースの返礼品がある自治体が!!!


これって安く見積もって1ケース2000円くらいとすると、2ケースで4000円。

たしかに10000円納税するから、
自治体的には6000円近い税金が入ってくるわけか。

自治体がふるさと納税をやらなければ0円でやれば6000円の利益。

個人もそうだけど、やっぱりやらないよりはまず行動!!!

これだけCMとかでやった方がいいことをあおっているのに、
やらない選択肢はないと自分は思うけど、そうじゃない人もいるんだね。。。

まぁ初期費用がかかるから、あまりやりたくないというのはわかるのだが。。。


今回のでのこり一万円になった。

あと三週間で使い切りたいが、いまだにどれを選べばいいか迷い中。


決まったらまた投稿しようと思う。


ここ数年話題になっているふるさと納税。
話題にはなっているけどなかなか手が出ない人は多いと思う。

2009年くらいからふるさと納税の制度はあったものの、
確定申告をしなければいけなかったために一般市民には無意味な制度だった。

たしかに確定申告をする人は自営業やっているか、副収入が20万以上の人とか、
年収2000万円以上のサラリーマンとかだし。。。
そもそもサラリーマンは年末調整で確定申告なんて必要ないし。。。

ってな感じの理由でふつうはやらない。


ただ2015年4月1日から【ふるさと納税ワンストップ特例制度】が始まった。
これは確定申告しなくても納税した自治体から送られてくる
寄付金税額控除に係る申告特例申請書とマイナンバーカードと
本人であることが証明できる書類(免許証とかなのかな?)を送るだけ。

そしたら次の年の6月くらいに会社から配布される
住民税決定通知書の隅っこにこんな感じで記載されています。

住民税決定通知書

最初はほんとにひかれているのか半信半疑だったけど、
実際引かれているのを確認したときはホッとした。


自分の場合はワンストップ特例制度は使っていません。

何故ならB型肝炎関連の医療費が年間10万円以上かかってしまっていて、
確定申告をしているので、ついでにふるさと納税の寄付金控除をしています。


去年は初めてのふるさと納税だったので、嫁を説得するのが大変だった。。。

ふるさと納税のデメリットとして今あるお金が無くなってしまうということです。
来年の税金は控除されるので戻っては来るものの、
給料天引きされる住民税が月数千円ずつ少なめに請求されているだけだから、
あまり控除されている実感はない。

そこで酒好きな嫁に【宮崎県都城市の霧島6本セット】
10,000円のふるさと納税を紹介した。


これが今は10000円かかるけど、来年戻ってくるから買ってみよう!
あと肉も!!!
というとすぐに理解してもらった。

自分は肉の方がメインだったww
楽天市場を見ていると、何かとふるさと納税のページを見る機会があって、
いつも気になっていた【佐賀県A4ランクのすき焼き用和牛】が気になってしょうがなかった。


去年は初めてだったから、寄付金の上限よりだいぶ抑えた金額で終了。

嫁も自分も大満足だった!


今年も挑戦してるから今後投稿します!


↑このページのトップヘ