初めまして。
いつもこのブログで名前があがっている旦那です。
B型肝炎ウイルスに関しての自分の考えを書いてみようと思います。


私は高校生の時にB型肝炎ウイルスに感染していることが発覚し、
10年以上の付き合いになりました。

正直感染していると知ったときはすごくびっくりしたし、
焦ったし、悲しくもなった。

献血で判明したので、献血なんて行かなければよかったってことも思った。

B型肝炎ウイルスは性病の一種なのは既知の事実であったので、
周りにはひた隠しにしていた。

そもそも高校生でB型肝炎ウイルスを知っている人なんて
ごくわずかだと思うし、話題にも上がらなかったので、
隠すまでもなかった。

まぁすごく仲のいい友達に相談しても、
そもそもその病気自体が知らなかったので、
何とも思われなかった。


肝臓は”沈黙の臓器”と言われるように全く症状が出ないので、
経過観察を必須とするこの病気に何も感じなくなり、
大学時代には全く通院していなかった。

大学の健康診断でも肝臓の数値は安定していたし、
肝炎ウイルスを検査項目に入れてなかったので、
大学にバレることもなかったし、
そのときに数値も見れていたので、一年に一度ではあるが経過観察は出来ていた。


ただけがをした時の血に関しては最善の注意は払っていた。
大量出血ほどの大けがはないが、多少のけがでも周りの人には
触らせることは絶対になかった。


前記したとおりこのウイルスは”性病”で、
性行為によって移ることは周知されてきているが、
自分のB型肝炎ウイルスは性行為によって移ったものではないと確信している。

そもそも感染していることが発覚したときはだれとも経験がなかったのだ。。。

だれとも経験が無くて移った病気なら恥ずかしくて、
だれにも言えないが、性病以外の感染だから後ろめたさはない!!!


だから嫁にこんなブログ書きたいといわれたときは賛成したし、
特に名前を公表するわけでもないし、
むしろこの病気のつらさとかむなしさを伝えていけるなら
さらけ出してもいいと思った。


しかも自分の病気は通常のB型肝炎より少し悪化してしまっていて、
B型慢性肝炎となっていた。
現在は投薬治療のおかげで、ウイルスが暴れることなく健康に過ごせている。
正直自分のような30代前半でこのような闘病している人はまれだと思うので、
自分の経験を記していきます!!!


もちろん嫁のブログとはテイストが違う感じにはなってしまうが、
今後ともこのブログを宜しくお願いします。