負けられないB型肝炎との戦い

自分が感染しているB型肝炎ウイルスとの共病ブログをメインに、 旅行や、これまでの経緯を投稿していきます。

カテゴリ: 自動車

売ることを決めたら次乗る車を決めなければいけない。

予算は旦那と相談して車体価格で200万円以下。
前回はケチりにケチりすぎてこんな状況になってしまったので、
今回はできるだけ頑張ってその金額にした。

次に車の選択だが、私はフリードの形も大きさもちょうど良かったので、
もう一度フリードが良かった。
しかし旦那はせっかく買うし、高い買い物だから長く乗ることを考えて
ワンボックスカーにしたいとのこと。
こういう時の旦那は譲らないし、いざワンボックスカーを見ると
私は心が揺さぶられてしまった。


ということでワンボックスカーの選択になるのだが、
トヨタのノア、ヴォクシーは中古車でも少しお高めの金額になってしまう。
日産のセレナ、ホンダのステップワゴンは少し安いが、
クオリティーはあまり変わらないらしい。

ただ決定的だったのが、ステップワゴンだけ一番後ろの座席が
床下に収納することができる!!!


一番後ろの座席がある状態がこちら。
IMG_1118

床下に収納した状態がこちら
IMG_1117


ほかのワンボックスカーはサイドに立てかけるような感じになるため、
少し邪魔になってしまうし、見栄えが悪い。

一番後ろの座席を使うのは私の家族が実家から出てきた時くらいで、
使うとしても一年で2回ほど。。。

そんな頻度ならスッキリしまえるステップワゴンしか選択がなかった!!!


最新グレードは『わくわくゲート』というものがついていて、
リアゲートの使い勝手が良くなっている。

ただ高い。。。

安くても230万円はする。。。

一つグレードを落とすと200万円以下になるため、
しぶしぶグレードを落とすことに。。。

いろいろ見てみると、180万円で良さげな車があった。

4年落ちにも関わらず25000kmしか走っていなく、
ナビもでかいし、レザー調カバーもついている!


中古車は1点ものなので売れてしまうともうなくなってしまう。

お店の中で旦那と1時間近く話し合い、この車に決定!


結局コミコミで200万円は超えてしまうのですが、
それは許容範囲内。。。

ただタイヤのみぞが少し浅くなってしまっていたため、
新品に変えてもらったり、オイル交換が永年無料とか
いろいろサポートが厚かった。
(タイヤのメーカーが【RADAR】っていう聞いたこともない海外ブランドなのだが。笑)


また車のローンを組んだのだが、
こういう中古車ショップで購入した場合のローン会社の金利手数料が10%で
相当高い金額を取られてしまう。

こういう時は審査があって多少めんどくさいのだが、
銀行の車のローンの申請をするべきだったと今は思う。
金利手数料が3%くらいになるので、約1/3になるのでありがたい。。。

今は旦那が頑張ってローンの借り換えの申請をしようとしているので、
その話はまた後日投稿しようと思います。



 

フリードに乗ってから1カ月ほどたって高速に乗って遠出しようとしたときのこと。

100km/hr以上のスピードを出したときにアクセルに微小な振動と、
エンジンの方から異音が聞こえた。

それ以下のスピードの時は何もなく普通に走れるので、
あまり気にしていなかった。


フリードに乗り始めてから1年半たった最近では40km/hr以上で
その音が鳴るようになっていた。

旦那はよく気にしてはいたけど、そもそも機械音痴の私はまったく気にしていなかった。


そんなある日、旦那の父親を乗せて走っているときのこと。


『音がおかしいなぁ、デフミッションがおかしいのかもしれない!』

旦那の父は若い時ディーラーの整備工場で仕事をしていたみたいで、
車の構造は熟知している人だった。

そんな人に今まで聞いたことが無い単語を言われておかしいなんて言われて、
焦らない人はいないと思う。


すぐにホンダのディーラーに車を持っていって見てもらうと、
デフミッションという部位の異常は見られなかった。。。

ただ。。。


ATミッションが壊れているということ。。。。。。。


修理費は安くて20万円・・・

しかも修理しても壊れてから長期間修理せずに乗っていたとなると、
他の部位も壊れている可能性があるみたいで、
もしかすると40万円近くかかってしまうかもしれない。。。


急にそんなこと言われても・・・


て感じになり、旦那も私もしばらく憔悴していた。


急に言われても、何とかしなくてはいけないので、
一応乗り換えを検討してみることにした。

ディーラー専門の中古車の人に聞いてみると、
壊れていない段階では40万円の査定になる。

ただ修理費を20万円と仮定して査定をすると20万円。
さらにほかの部位が壊れていたとなるとさらに査定額が下がってしまう。
おおよそ10万円くらいと考えてほしいとのこと。。。


中古車選びには経験があったため、他の中古車ショップにもっていった。

するとそこでは15万円までがんばるとのこと!

しかもここで乗り換えるなら20万円までなら何とかなるみたい!


このやり取りジュークの時と同じだけど、
ひやひやしながら故障車に乗り続けるよりは早く乗り換えたい!

この中古車ショップは業界二位で旦那の兄もこの系列で買った実績があるので、
安心だったし、何しろ保証があるためこちらの中古車ショップにお願いすることに。


次乗る車は題名を見るとすぐわかってしまうが、
納車までの経緯を含め、次の投稿で記していきたいと思います。

A社で車を売り、中古車を購入して乗り換えることを決めたのだが、
乗りたい車が決まっていたわけではなかった。

旦那と私の意見は同じでスライドドアがあって、
荷物がいっぱい乗る車でした。


いろいろ選定してもらって、フリードが一番よさげだったのだが、
予算にあったものがその店舗にはなかった。

ほかの店舗からの取り寄せとなると時間もかかるし、
自分の目で見ることができない。


ただできるだけ早く購入したかったため、
それなりの車を選択した。

色とかはコスト的に選ばずに、走行に問題ない車の選択を担当者とじっくりおこなった。

タイヤ。
新品のタイヤを7としており、1~2が交換必須、5~6はあと3年は走れるレベル。

走行距離。
できるだけ長く乗りたいので、50000kmそこそこのものを見つけたかった。


その二点を重点的に見て選ぶとなかなかよさげな車を見つけた。

走行距離51000km、タイヤレベル5。


ただこの車は商談に入りかけのものだが、
今すぐ契約しますとのことなら確保しますと言われた。


今となってはこの時点でいろいろ怪しいファクターが多かったが、
乗り心地がいい車をすぐにでもという悪い気持ちが先行してしまっていた。


・・・ということで契約してしまった。


その後、納車時に車を確認すると、車内が少し臭い。。。
そして外装にいろいろ傷がある。。。


そう。この車屋さんはアウトレット品を販売する専門の会社だった。
要は買った車を修理をせずに そのまま売ることで少しだけ安く販売している。

買ったあと後悔し、車で1分の自宅に到着。
さらに車をよーくみてみると、左前タイヤの側面が少し裂けている。

 
さすがに腹が立って旦那が販売店に問い詰めた。

ただ『ここはアウトレットの販売店なので・・・』の一点張り。
騙された気がするけど、店側の言い分は正しい。

とはいいつつも、タイヤの評価には納得がいかない。
裂けているならバーストする可能性が高いので、
絶対的に交換をする必要があるし、高評価にする意味がわからない。


そのことについて問い詰めても、
『担当者にはきつく言っておきます。』
『今後ないように努めます』

・・・いや。。。

さすがに対応が酷すぎる。


結局こちらが泣き寝入りする形で終わり、
一本だけタイヤ交換をしたのだが、憤りはおさまらない。。。

乗り始めてすぐに車の不良が判明し、
問い合わせても何の対応もしてくれない。


アウトレット系大手中古車販売店。


こんな店ではもう買わないし、系列店にも行かない。 


最近まで乗っていたのだが、乗り始めてすぐに判明した車の不良が原因で、
再度乗り換えを検討せざるを得なくなってしまった。


 

子連れではジュークは使い勝手が悪いというのは徐々にわかってきた。


オムツを箱買いすると、ベビーカーが乗らない。

車高が高いから子供をチャイルドシートに乗せづらい。

とにかく荷物が乗らない。。。

実家から両親が来ると後部座席が狭いのでちょっと申し訳ない気持ちになる。。。
(これはそもそもの問題。。。)


これだけの問題は放置しておくのはいろいろ辛かった。

ただ残債が70万円ほど残っていた。。。


旦那はもう乗り換える気マンマンだった。

それは新しい車になるなら気分も変わるし、
いろいろメリットはあるし、1日でも早く乗り換えたい気持ちであった。


そこで旦那と話し合い、残債分の70万円以上で売れれば、
前向きに考えてみようという方向になった。 

いくつかの中古車買取会社を見繕い、
やはり大手で売ることを考え、最大手のAと二番手のBに持って行くことにした。


まずはB社。

車を見せると良品だと言われ、ぜひ買い取りたいとのこと。
希望金額を聞かれたが、答えなかった。

これはネットで調べた情報で、希望金額を提示してしまうと、
その価格以上で査定金額を提示されることはなくなるみたいなので、
あまり言わない方がいい。


毎月発行される中古車相場の赤本によると、60万円程度だった。
ただこちらは良品なのでもっと高く売れるので、
B社では80万円でお願いしたいという査定金額を提示してもらった。

正直めちゃくちゃうれしくて、即決しようと思ったがそこは必死にガマン。。。

金額を記載した紙をいただき、早く退出したかったが、
そこからの営業話が長かった。。。


”今売れば”80万円だが、下がることもあるので早めに売った方がいい。

他のお店にもっていっても変わらない。

”今売れば”乗り換えの車も安くする。

中古車の在庫はほかの店に負けないくらいある!

”今売れば”紹介できる車は山ほどあるけど、明日だと少なくなる可能性がある。


そんなこと言われても100万単位の決断をすぐにできるわけないので、
ここは何とか頑張って帰ることに。

次の日にもう一社のA社に伺うことを電話で予約し、再び家族会議へ。


B車で提示された金額はすでに残債を超えているが、
他社にもっていけばさらに可能性がある。

90万円くらいなら乗り換えを検討しよう、
頭金少し貯金から捻出し、110万円までの車なら考えてもいいかなという結論になった。


次の日いざB社に査定をしに行くと、提示された金額は80万円。

やっぱりこのくらいが限界なのかな~と考えていたところで、

『他社の金額はいくらくらいですか?』

と聞かれ、ふんわり濁した感じで、

『同じような金額ですけどね』

と答えると、

『こちらは今決断して頂ければ10万円アップします。』


また出た。。。

今売れば、今決断すれば。。。


もう面倒くさくなっていたので、決断したわけではないけど、
この店舗で決めることに。。。

実際他の店舗を見ればさらにアップすることも考えられたけど。。。


この決断が今後最悪の結果になってしまうことに。。。

旦那の3台目の車は就職が決まる前から決めていたみたい。


小学生6年生のころの担任の先生がハリヤーに乗っていて、
その時からいつかはハリヤーに乗りたいと思うようになった。

社会人になったら一度は新車に乗ろうと思っていたのだが、
ハリヤーの新車は高いし、中古車でも結構いい値段する。
 
とはいいつつも旦那はあまり興味はなかったので、
進んで車を調べることはなかった。


そんなこんなで旦那の大学の同期で車に詳しい人がいて、
その人からコンパクトカーでSUV系があることを教えてもらったらしく、
そのときに初めてジュークの存在を知った。

その時はちょうど東日本大震災があったあとの2011年5月。
旦那は化学系の大学院だったので、休みという概念がなく、
ほぼ休日も実験をするために実験室に通い詰めていた。

そのときに同じく大学にいた同期と車の話で盛り上がり、
その同期も就職が決まったら車を買うという話をしていた。


その同期は日産車に詳しく、スカイラインに乗りたいと話している時に、
旦那がSUV系がいいことを伝えると、ジュークを勧めてきた。


旦那はすぐにジュークのとりこになり、 そこからネットで調べまくった。


今は外装とか内装をカスタマイズできるようになって、
自分好みのジュークを作ることができるが、
購入当時はそんなことはなく、内装を4種類から選ぶようなスタイルだった。


就職が決まりすぐに地元のディーラーに行った。
色は黒で内装は赤で、そのほかは必要最低限の装備だけつけた。


割引してくれて総額約230万。。。

そんなのは学生のときの旦那はあまり理解せずに、
ローンを組んで返済生活を開始した。


ただそんなことは忘れられるくらいの乗り心地だった。

スマホとBluetoothと連結させてハンズフリーの電話ができるようになったり、
ナビのクォリティーもすばらしい!

最先端の技術を味わえるので今後は新車しか買わないことをこの時は誓っていた。 


この車は年10000キロ以上乗っていて、保有期間が4年半くらいだったのだが、
手放す時には54000キロほど走っていた。


今までの乗った車でも新車だったのか、乗り心地も好きな度合いも一番だった。

ただ子供ができて、一緒に移動する時に、
車内が狭く、いろいろ不便になってきてしまった。

特に子供をチャイルドシートに乗せる時 、後部座席の位置が高く、
乗せづらさが露呈してきてしまった。


この時にローンの残債があるものの、もう少し使い勝手がいい車に乗り換えることを考えた。。。 

↑このページのトップヘ