薬局選び



前回のブログで投稿した通り、病院のとなりには薬局がなく、

病院から近所の薬局を数カ所紹介してもらった。



病院に併設している薬局。

孤立している薬局。

ドラックストアに併設している薬局。



一番近かったのは孤立している病院だったが、

やってるかわからないような暗い雰囲気が出ていたので、NG。


次に近かったのは病院に併設されている薬局だが、

こちらは総合病院の隣にあり、総合病院の閉院時間に合わせて薬局もしまってしまう。


旦那は会社が終わってから通院したかったみたいで、

病院に行って、薬局に行くとしまっている可能性があった。

そのためこちらもNG。。。



残りは少し離れてしまうが、ドラックストアに併設している薬局にすることにした。



ジェネリック品


薬局に行くと初めてなのでこちらでも問診票を書き、

細やかな期待を込めて、ジェネリック品希望の欄に○をつけて、

会計を待つこと数分。

領収書を見ると前までかかっていた金額の1/3よりも安くなっていた!



当たり前のように出された金額だったのでいろいろ聞いて見ると、

2017年6月17日からジェネリック品の発売が開始されたみたいで、

旦那が薬局に行ったのはその1ヶ月後なのでジェネリックが出回っていた。



今まで月10000円弱かかっていた薬代が、3600円くらいになったので

家計的にもすごく助かった。

しかも通っていたドラックストアはウエルシア薬局だったので、

TSUTAYAと提携してるみたいで、Tポイントも加算してくれるので本当に嬉しかった!


ジェネリック品に変更して1ヶ月たち、血液検査で問題はなかったし、

現段階でも肝機能に異常はないので、本当によかった。



薬価改正


さらに今年の4月、いつも通り病院で処方箋をもらい、薬局に薬をもらいに行った。

そのとき提示された金額が、2400円くらい。

いつもは薬剤師と


『お変わりないですか?』


『特に問題ないです。』


くらいしか会話しないのだが、この時ばかりは嬉しくていろいろ聞いていた。


まず2018年4月に薬価改正があり、この価格になったことを教えてくれた。

そのあと少し専門的な話になり、私はついていけてないし、

旦那も半分も理解できていなかったので、詳細は不明。


とにかく薬代が安くなったのは明らか。

一年前から薬代がほぼ1/4になったことはさらにうれしい状況となった。



製薬メーカーが高い研究開発費を投資し、

企業努力で開発した薬がたった10年で特許が切れ、

ジェネリック品が出てくることに対して、

製造業の旦那を持つ私として同情する面はあるが、

非常に高い薬が徐々に汎用性の薬になることは今後の医療に対しては

大きなメリットがあると思うので、今後も製薬メーカーには期待したいと思う。