負けられないB型肝炎との戦い

自分が感染しているB型肝炎ウイルスとの共病ブログをメインに、 旅行や、これまでの経緯を投稿していきます。

カテゴリ:事故 > 2度目の事故

救急車に乗った旦那は救急隊員の問いに応じたが、

旦那の頭の中には今回の交通事故の割合のことばかりだった。



お互い車が動いていたし、交差点内の事故だし、よくて8:2、悪くて5:5もあり得る。

車は車両保険入っているけどどうせ代車なんて軽自動車だろうし。。。

等級も下がりそう、最悪だ。。




なんてことを考えている間に、30分くらいたって病院に到着。

救急車を降りて、徒歩で診察室に向かうと、ものすごい不愛想な先生が待っていた。


事故の内容やけがの状況を聞かれてレントゲンをとりに行ったのだが、

話し言葉はすべて投げやりな感じ。

看護師の対応もひどく、本当にこんな病院に連れてきた救急車を恨んだ。


レントゲンをとって診察室に戻ると、

『骨には異常なし、あなたは頸椎捻挫、いわゆるむち打ち。帰っていいよ。』


質問しようとしたが、先生はすぐに立ち上がり別室へ。

こんな感じで診療室から出された。

忙しかったのかと思いきや、隣で笑い声がする。



B型肝炎関連でお世話になった、前の病院の先生もそうだけど、

患者を下に見てるというか、診察を適当に済ませる先生がたまにいる。

その”たまに”に引っかかってしまう旦那の運もないけど、

本当にこういう先生はいなくなってほしい。



診察室を出た旦那は受付をすまし、帰ろうとするがここがどこだかわからず。。。

とりあえずタクシーにのり、会社の寮まで戻ろうとしたが、

タクシーに乗ってから財布に1000円しかないことが判明。。。

どうしようもなくタクシーの運転手にお願いして、

コンビニに連れてってもらい有り金をおろした。。。



タクシーに乗って40分くらいたってやっと会社の寮に到着し、

メーターを見ると5000円になっていた。。。

ほんとに地獄のような時間だった。。。



寮の部屋に帰るなり、コルセット付きの自撮り写真を送られてきて、

このタイミングで初めて私が知った。



知ったときは本当にびっくりしたけど、無事で何よりだと思った。



次の日、相手の任意保険の担当者から連絡がきて、

今回の割合についての報告を受けた。


どうせ6:4くらいで落ち着くんだろうな~と思ったけど、担当者からは、


100%こちらの保険で対応させていただきます。

とのこと。


びっくりするくらいホッとした。

詳しく話を聞くと、保険会社からは8:2を相手に伝えたが、

相手が事故のことを全く覚えていないらしく、

こっちが100%悪いから相手の負担は0にしてくれと言われたらしく、この割合に決定。

事故以来連絡とっていないが、会うことがあれば本当に感謝したい。



2日たっても首に痛みが残っていたので、保険会社に連絡して整形外科に行き、

それでもよくならなかったので整骨院通いをすることにした。


整骨院通いは次の3回目の事故の方がインパクトあるので、

次の機会に投稿します!

2回目の事故は旦那が新入社員として入社した会社の寮に引っ越したあと、すぐに起きた事故。



大学時代から自分で購入した車を乗っていたのですが、

大学院2年の時に就職先が内定し、奮発して新車のジュークを購入して半年後のことです。

話は少しそれてしまうが、旦那は私に自慢げに新車を見せてきたが、

あいにく私は車に興味がなかった。。。



そんなことより事故の状況は、

会社の寮から5分くらい離れたところで、

夜遅い時間に片道2車線道路をUターンしようとしたときに、右折専用道路で待機。

右折の矢印信号が出て、いざUターンをしたところで赤信号を無視した対向車が

猛スピードで旦那の車の助手席側に

ドッッッッッッカァァァンって感じに衝突してきた。


事故現場(Second)



衝突された瞬間は全く覚えていないらしく、

とりあえず路肩に移動し、相手の車を見に行くと、

運転手は60代くらいのおばさんで、助手席には70代くらいのおじいさんがいたが、

エアーバックが開いていて、茫然としている様子だった。



降りてきたおばあさんに旦那は平謝りされたが、

助手席のおじいさんの様子がおかしかったためすぐに救急車を呼んだ。

警察にも連絡し、救急車、警察が車でおばあさんと話すと、

おじいさん、おばあさんは夫婦で、おじいさんは少しボケており、

足も不自由でタバコの吸いすぎで肺が悪くなっていた。



家にいるときに呼吸が乱れたため、自家用車で病院に向かったとのこと。

生命の危機でもあるので、動揺と焦りで周りが見えてなかったらしく、

事故現場の交差点以外にも信号無視したかもしれないと言っていた。

そんなタイミングで旦那の車に衝突した。



事故を起こしといて

”お前がこうしておけば事故らなかった。”とか

”相手からぶつかってきた”などと全くのウソを言うような人とは違い、

ものすごく律儀に対応していただいた。



相手のおじいさんは救急車で運ばれ、

旦那とおばあさんは警察に状況を聞かれ、

このときもお互い正直に答えたため、すんなり終わった。



ただ最後に警察の方に

『けがはほんとにないですか?』

『このくらいの事故の衝撃があればむち打ちになっている可能性がある』

と言われ、意識すると首周辺が熱くなっていた。



その旨を伝えると、すぐに別の救急車を呼んでくれたが、

旦那は救急車にも乗ったことないし、急にコルセット巻かれるし

救急車を呼ぶほどなのかとか急に不安になってきた。。。



結果から言うと救急車で運ばれたことは正解だったみたい。

病院に着くまでの道中も全く分からないので、

どこに連れていかれるのかもわからず、病院についた。。。


病院での診断と、今後の治療にかんしてはまた今度投稿します。。。

↑このページのトップヘ