以前通っていたIMCの話になりますが、

こちらも少しグチ、かつ旦那と私の未熟さが少し露呈した話です。



最初の血液検査でHBV-DNAに異常値が見られた。

この値は以前通っていた病院でも同等な症状がみられていたので、

あまり驚くことはなかった。

最初の血液検査でのB型肝炎に関する数値は以下のとおり。



AST(基準値:10~40U/L):29U/L

ALT(基準値:5~45U/L):32U/L

γ-GT(基準値:79U/L以下):22U/L

HBc抗体:陽性判定
     S/CO 10.72(基準値:1.0未満)

HBe抗原:陰性判定
     S/CO 0.3(基準値:1.0未満)

HBe抗体:陽性判定
     阻害率 99.5%(基準値:50%未満)

HBV-DNA定量:4LC/ml(基準値:検出せず) 

HBs抗原:4096倍以上(基準値:8倍未満)

HBs抗体:10.0mlU/ml(基準値:10.0mlU/ml未満)


各項目は今後説明するとして、HBV-DNAは4LC/mlあるので、

肝臓に悪影響を与える可能性があるが、肝機能は非常に落ち着いている状態。


これらの数値は転職前に通っていた病院と同じような数値です。

この数値に基づいてバラクルードの処方を開始するように指示された。

過去に通っていた病院の肝臓の数値を見せて、

”このときと同等の数値なのに飲む必要があるのか”と尋ねると、

『他の病院の方針は知らないし、ここの病院ではこの数値でバラクルードを処方する』

またその時受けた説明は『飲み始めたら一生飲まなければいけない』だけ。


聞きたかったのは薬価のことで、医者に聞いても知らないといわれた。

バラクルードは飲み始めた当時、1錠1000円ちょっとかかり、

28日分の処方で調剤料込みで毎月約9000円ほどかかっていた。

たしかに医者が薬価のことを知っているとは思わないが、

比較的高いとかおおざっぱな薬価は知っていてもおかしくない。



また薬を飲むタイミングも大変。

1日1錠服用で、服用前後2時間は食事をとってはいけないとのこと。

この服用タイミングで、旦那との夜更かし飲食は全くなくなってしまったし、

私がお酒を飲むときには少し気をつかわなければならなかった。

健康的な生活になったのはいいことだが、夫婦の楽しみが一つなくなった。



今思えば私もしっかり調べればよかったし、

可能ならセカンドオピニオンも検討して転院も考慮すべきだった。


この病院のバラクルード投薬はHBV-DNAが異常値のため、

間違いではないと思うが、本当に必要だったのかといまだに思う。。。