負けられないB型肝炎との戦い

自分が感染しているB型肝炎ウイルスとの共病ブログをメインに、 旅行や、これまでの経緯を投稿していきます。

カテゴリ:

旦那が同意書を書き終わり、私は手術室に連れていかれた。


旦那はせっかく来たので立ち合い出産を希望していたのに、

吸引分娩になったときから別室でせざるを得ない状況で、

さらに帝王切開となると、完全に立ち合いができる状況ではなくなってしまう。



今では少し申し訳ないことをしたかなとおもっているけど、

当時はそんなことを考えている余裕は全くなかった。



手術室まで運ばれている最中も、ずっと激痛。

ホントに帝王切開しなければならないなら、もっと早めに判断してお腹を切って欲しかった!

っていまだから言えるんですけどね。



いざ手術が始まると、麻酔のせいで全く痛みは感じなくなった。


背中には表面麻酔と下半身麻酔なので意識はあったから、

先生たちの話し声とかも聞こえていたし、

子どもが取り出される瞬間も見れていた。



手術中はあまり感じなかったが、 

体をモゾモゾされている感じで、

お腹切られてる感じは全くなかった。



娘が出てきて、助産師さんに見せてもらったが、生まれたてでキレイにしていない状態だったので、見栄えは良くなかったが、ものすごく愛おしかった。


その後娘は黄疸が出ていたみたいで、NICUに直行した。


私も無事手術が終わったが、娘と私はそれからが大変だった。



助産師さんは一時間ごとに体温と血圧を測るために様子を見に来てくれた。

ただ傷口が痛むときは遠慮せずに痛み止めを打ってもらった。



今回の出産の影響で左足にしびれが残ってしまった。

今ではあまり感じなくなったが、出産後半年くらいはずっと残っていた。

里帰り先から旦那の職場近くの整形外科に転院しても、

原因が不明となっていたので薬を服用していたが、気休めにもならなかった。


娘はというと、出産後すぐにNICUの保育器に入り、青い光をあてられていた。

これは黄疸の治療の一種で体内のビリルビンという成分を、

尿と一緒に出すための光線治療だった。


旦那はというと出産後私の様子を見に来て、

何の対応もできなかったので、私の実家に帰ってもらった。






出産予定日の約1か月前に実家へ帰省。


帰省には在来線1時間、新幹線4時間くらいかかるため、

お金はかかってしまうがだんなもついてきてもらうことに。

もちろん旦那は仕事があるため、1泊2日で帰宅しましたが、

帰るときの駅の改札前では号泣してましたwww

号泣

さすがにこんな感じの某議員みたいなひどい泣き方ではありませんが


帰省してからはしばらく会っていなかった友達や、

両親と実家でゆったりすることを想像していました。



帰省後3日がたち、里帰り出産する予定の病院で診察してもらいました。

この日を境に2カ月ほど病院に居なければいけならないことは、

このときはまだ知らなかった。。。



担当の先生はとてもやさしく対応してくれましたが、

エコーの診断中、急に黙ってしまい、


『すぐに入院してください。子宮頚管が1㎝しかありません。』


あとあと詳しく聞いてみると、おなかの張りが強く、

子宮の入り口(子宮頚管)の長さが通常3㎝ほどあるのにもかかわらず、

私の場合は1㎝しかなく、もしかしたら切迫早産してしまう可能性が高かった。。。

やはり臨月に入るまではおなかの中で子供を成長させましょうとのことで、

お母さんに入院セットを準備してもらって、入院生活が開始しました。


そもそもの原因は前回のブログを見ている人はわかると思いますが、

ほぼ鋸山の登山の影響でしょう。

先生には『何か激しい運動していましたか?』と聞かれましたが、

『ございません』としか言っていません。

どうせ『小さい山ならいいと思って登山してました!』なんていったら

『それが原因です。』と言われるのが見え見えだったので黙っていることに。



入院して張り止めの薬を点滴する入院生活が始まりました。

入院中は本当に退屈でした。

旦那から持たされたドラクエ7は全クリしたし、病院に合った少女漫画を読破。


友達もたま~に来るけど1時間くらいで帰るし、

お母さんも来ても1時間で帰宅。

同じ病室にも同じような切迫早産の患者さんがいたけど、

私よりも早く、25週で切迫早産で入院していて、

もしかしたらすぐにでも生まれてしまうかもしれない人だったので、

あまりフランクにも話しかけることはできず。。。


そんな生活が3週間ほど続き、臨月に入るタイミングで点滴を取り、

次の日の検査で問題が無ければ、退院していいよという喜ばしい通達が!!!

点滴が外れたことがうれしくて旦那に写真付きで、

明日退院することを報告!

歓喜

こんな感じで写メをとって旦那に送りました


この日は退院したら行きたかったラーメン屋さんに行こう、

実家でゆっくりしたいということを想像して、

わくわくしながら寝ました。。。


ただ4時くらいに起きた時は想像を絶することがおきてました。。。


続く。。。



今回は旦那の肝臓のこととは離れて、娘のことを投稿しようと思います。


2015年12月某日、アパート管理会社主催のイベントで浴びるほどお酒を飲んだ次の日の朝、

胸の張りが異常、少しだるい(二日酔い?w)感じではありましたが、

旦那に検査してみてと言われ、初めて妊娠検査薬を購入した。


結婚してから子作りに励んで、まず1年は頑張ってみようと話し合っていたので、

親になる覚悟は”私は”できていたし、心から子供が欲しかった。

結婚して1年出来なかったら不妊治療しようかと話してたところでの妊娠発覚


この話にはちょっとした背景がある。

旦那がストレスまみれの会社から転職したことが最大の要因ではないかと考えている。

また私自身もガソリンスタンドで働いていたため、日々走り回って仕事をしていたので、

夫婦ともに心身的ストレスがあって妊娠しなかったと思います。

※旦那の昔の会社の話、転職についてはまた今度投稿します。


妊娠して最初に思ったのが、

【妊娠検査薬って妊娠したらほんとに線が入るんだ】っていうところ。

実際にドラマとかでみたことあるけど、

ほんとにきれいに陽性の線が入っていたのを見れたのはただただびっくりしました。


その後仕事中の旦那に連絡し、喜びと同時にほんとに出来たのかという不安が

混ざった感情になったらしく、次の日絶対産婦人科に行ってくれと

1日に何回も言われましたw


次の日に産婦人科に行ってみると、予想通りに妊娠していて、

ものすごく不思議な気持ちになりました。

自分のおなかの中に新しい命がある不思議と喜び。

ただ私には乗り越えなければいけない2つの非常に大きな壁がありました。


一つ目はたばこ。。。

恥ずかしながら10年近く愛煙家だったもので、

禁煙は考えたことがありませんでした。

旦那には禁煙してくれと口酸っぱく言われていたので、いい機会だし、

またおなかの中の赤ちゃんにも悪いというのもあり、禁煙にトライすることにしました。

禁煙に関してはなぜかきっぱりやめることができました。

ただ禁煙から3年近くたちますが、いまだに吸っている人を見たり、

イライラしたときは吸いたくなります。。。

必死で耐えていますが。。。


二つ目はお酒です。

東北の北のほう出身で、お酒をひたすら飲める家系なので、

私もお酒が大好きでした。(今も大好きです!w)

お酒は禁煙することより非常に大変でした。


二つとも何とか耐えることができましたが、

その分旦那に当たったりしたので、旦那もたいへんだったと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



続きはまた次の機会に投稿します。

長文閲覧ありがとうございました!!!


↑このページのトップヘ