負けられないB型肝炎との戦い

自分が感染しているB型肝炎ウイルスとの共病ブログをメインに、 旅行や、これまでの経緯を投稿していきます。

カテゴリ: B型肝炎

ブログのタイトルとかTwitterでわかる通り、
自分はB型肝炎ウイルスキャリアである。

この病気にかかると相当厄介なことが多い。

ということで当事者としてB型肝炎について、
過去に書いた内容についてのまとめになるかもしれないが、
感染するとこんなことがあるよということを紹介しようと思う。


周りに公表しづらい


現在、B型肝炎は性病によって感染するということが
周知されていると思います。
性病の検査項目にもあるからね。

たとえ病気になったとしても、
『私は〇〇の病気にかかっています!』なんて、
大々的に公表する人はいないと思う。

ただ会社の健康診断で、検査項目の一つにある場合がある。

自分が前の会社に入社した時、
入社時の健康診断から1ヶ月後の結果報告の時に、
当時の総務課長から呼ばれて、

『あなたはB型肝炎ウイルスに感染しているかもしれないから、病院に行ってください。』
『これは性病だから注意してね。』

だけなら別に良かったのだが、

『まぁ前のパートナーを恨むしかないね。』

はぁ? そんなんじゃないし、余計なお世だし。
第一自分は性行為での感染じゃねーし。


ということで、会社員だと健康診断等でバレるし、
不愉快な上司だとこんな感じで言ってくるパターンもある。

まぁそれから広まることはなかったが、
【B型肝炎の感染=性行為感染】のイメージが強いから、
あまり仲のいい友達にもあまり公表しづらい。


通院がめんどくさい


B型肝炎ウイルスに感染してしまったとき、
ふとした時にウイルスが暴走して、
肝機能の数値が高くなるか全くわからない。

その場合、【経過観察】というのが必要になってくる。

これは定期的にウイルスが増えているか、調べる必要がある。

いつまで?

ウイルスがなくなるまで。。。

ただウイルスをなくすなんて不可能のはずだから、
一生ってことだね。。。

ってことは一生通院ってこと。

別に3ヶ月、もしくは半年に一度の血液検査だから、
そこまでの頻度ではないが、
一般の人よりは病院に行かなければならないのだから、
なにかとめんどくさいことには変わりはない。


ひどくなるとさらにめんどくさい


B型肝炎ウイルスが暴走すると、
慢性肝炎になる可能性がある。

現在の自分の症状だが、
これは本当にめんどくさいし、お金がすごくかかる。

血液検査の頻度は1〜2ヶ月に一度と多くなるし、
ウイルスを一時的になくす薬を飲まなければならない。

いつまで?

ウイルスがなくなるまで。。。

ってことで、一生飲まなければならない。。。

パートナーに感染させてしまうことも・・・


この病気は言わずもがな性病の一つ。

正直ワンナイトラブとかの不特定多数との性行為を行うなら、
別にいちいち申告しなくてもって思うけど、
パートナーとなるとそうはいかない。

感染させてしまったら、責任を取らなくてはいけない。

実際嫁には付き合う前に公表している。

まぁ自分は結婚を前提に付き合おうとも思ったし、
別れたとしたら、それはそれでなんか悪いし。。。


ということで、感染させちゃうかもという背徳感があるのが、
この病気の厄介なことの一つである。



ということで、B型肝炎ウイルスとは非常に厄介な病気。

現在でも年間10,000人くらいの人が感染しているみたい。

母子感染は仕方ないとしても、性行為での感染は防げる!!!


このブログは超微力ながらB型肝炎ウイルスの感染をとめる
活動の一環になれるように頑張る!!! 

B型肝炎ウイルスは性病の一種

改めて自分は性病で感染したわけではないが、
感染してしまうとホントにめんどくさいというか辛いというか。。。

B型肝炎ウイルスに感染するといろいろ辛いことがある。

感染していることを知ってから不便だと思ったことを
書き出していきたいと思う。




・自分は病人なんだと自覚しムシャクシャする


B型肝炎ウイルスに感染したと発覚したのが17歳くらいの時。

友達と遊び半分で献血をしたときに発覚したのだが、
初めて知った時はどんな病気だか知らなかったが、
調べると性病という言葉がいっぱい出てきてびっくりした。

当時は性病にかかった!という焦りが先行して、誰にも言えず、
あんまり病気のことは考えないようにしていた。

周りの誰にも相談できない気持ちと、
病気なんだという気持ちが混在しムシャクシャしていた時期があった。

その後誰とも経験がないということから性病で感染したわけではなかったと判明し、
周りの友達にも相談できていたのだが、
これが性病で感染していたらゾッとしているし、誰にも言いたくない。


・経過観察をしなければならない

B型肝炎ウイルスはいつ暴走して肝臓を攻撃するかわからない。

そのため定期的に血液検査を行い、HBV-DNA量を観察していく必要がある。
これがホントに面倒くさい。

感染していなければこんなことしなくてもいいのだが。。。

・慢性肝炎になると死ぬまで投薬生活。。。
 

これもホントに面倒くさい。。。

経過観察中にHBV-DNA量が増加し、肝臓の数値が高くなると、
バラクルードを飲んでHBV-DNA量を減少させる必要がある。

飲む頻度は毎日。

しかも飲む前後2時間は何も口にしてはいけない。

飲むのをやめるとHBV-DNA量が増加してしまう可能性があるので、
これは死ぬまで飲まなければならない。。。

・何かとお金がかかる

経過観察は血液検査と診察のみで一回3000〜4000円くらいで、
年2,3回程度なのだが、バラクルードを服用するとなると
これに月2000円ほどの薬代が加算される。

自分の場合、だいたい・・・

薬価代:2300円×12ヶ月=27600円
診察代(薬のみ月):1400円×6ヶ月=8400円
診察代(血液検査の月)
(3500円(血液検査)+1400円(結果を聞きに行く))×4ヶ月=19600円
診察代(血液検査+エコーの月)
(5000円(血液検査+エコー)+1400円(結果を聞きに行く))×2ヶ月=25600円

これは大体の価格だから数千円くらい前後するけど、
年間約8万円くらいのお金がかかっている。。。

B型肝炎ウイルスに感染して、慢性肝炎に発展してしまうと、
これだけのお金がかかってしまいます。。。

・周りに感染しないのかと無駄に心配してしまう

とにかく周りには気をつかってしまう・・・

仕事中の怪我では同僚に感染しないか、
家でも怪我をした時に家族に感染しないか、
歯ブラシも自分のは間違って誰かに使用されないように
隔離している。

大雑把な自分だけど、それだけは気にしている。



B型肝炎ウイルスに感染してしまうと、これだけのデメリットがある。

しかも一生治らない。。。

これからもしっかりとこの病気について投稿していきたいと思います!!!

 

今回も旦那の自分が投稿します。
というか今後は自分が投稿して行きます!!!

◇嫁との出会いについて◇
※嫁に対するノロけになっているから少し閲覧注意www

自分には将来の嫁探しに対してあるこだわりがあった。

同じ大学の人とは付き合わないこと!

意図としては大学生だと将来就職すると絶対長期的に遠距離恋愛になるし、
もし結婚となって寿退社し、一緒に暮らすとなった場合、
せっかく頑張って入った会社を辞めるという一人の人生を背負わなくてはいけない。 

そんな風に思っていてフリーターみたいな人を探すことを考えていた。


そんなこんなで大学2年のときに焼肉屋のバイトをスタートしたのだが、
最初の面接で店に行った時に、対応してくれたのが将来の嫁だった!

嫁はまったく覚えていないようだが、自分ははっきり覚えている。 
といってもそのときはお互いなんとも思っていなかった。
 
最初は2個上だったし今までに会ったことがなかったタイプの人だったから、
ただのバイトの仲間の一人だった。

あるときバイト仲間でカラオケに行った後からだんだん気になり始めた。
歌が上手いのと酔ってる姿とか少し可愛く見えてしまった。
しかも大学生じゃない!!!笑 

それから少し経ったときなんとかバイトの後に、ご飯に誘うことに成功!
そこからはぞっこんになってしまって何度もご飯に誘ったり、
うちに遊びにきて付き合う付き合わないとかの話にまでなったのだが、
自分には厄介なウイルスがついてきていた。。。 


◇B型肝炎キャリアの告白◇

これを乗り越えないと次には進まなかった。
要は付き合うとそれらしいことをするから、感染する可能性もある。
最悪な状況の場合、感染して死亡する可能性もある。

とりあえず伝えないとということで、再び食事に誘って伝えることに。

そもそもB型肝炎というワード自体を知らない可能性もあったので、
めちゃくちゃ緊張していたけど、わかりやすく説明しようとすると、

『あぁ〜B肝ね!』

って感じで知っている感じだった。

そう、嫁は退学してしまっていたが、医療系の専門学校に通っていた。
ということで知識はあったし、さらに抗体もできているとのこと。
※健康診断で確認済み!

抗体ができている=感染しないということはわかっていなかったので、
嫁に説明してもらって納得。
ということはそれらしいことをしても大丈夫ということが判明!

ホッとして後日告白して無事カップル誕生!!!

そんな出会いからもうすぐ10年経ちます。

大学を秋田に選択していなかったら嫁に会えてないし、
焼肉屋でバイトしていなかったら嫁に会えてないし、
変な固定観念で『大学生とは付き合わない!』とか考えていなかったら嫁に会えてないし、
嫁は嫁で専門学校を退学していなかったら自分に会えてないし。。。


ホントに人生ってどこで何があるかわからないっすね!!!
 

再び旦那の自分が投稿します!


高校の時は半年に1度しっかり血液検査をして、
次の週に結果を聞きに行って、真面目に経過観察をしていた。

まぁ親が連れてってくれたから半強制的だった。。。


大学は県外に出たかったから、
いろいろあって秋田の大学に進学することにした。

親から高校は私立高校に行ったんだから、
大学くらいは国立大学に行ってよねと言われてしぶしぶ僻地へw

首都圏に憧れがあって埼玉の大学行きたかったけど、
センターで失敗したからいけず、
栃木、茨城、群馬はいけるけど、
中途半端に関東に行くのはどうかという変な理由で東北に残ろうと思った。 


福島の大学は地元だから却下。
宮城の大学は学力的に入れるわけがなく却下。
山形の大学は兄貴が行っていた大学なので却下。
岩手の大学は苦手の物理が二次試験にあったので却下。
青森の大学は田舎すぎるから却下。

という消去法で秋田の大学に進学した。 


どうしてもいきたい大学がなかったからこんな理由で進学もありだった。

世の中には東京大学に行きたい!!!京都大学に行きたい!!!
医者になりたいから医学部に行きたい!!!
っていう強い願望がある人が多くいて、
その願望を叶える人はホントに心から尊敬する。


ただ自分も願望がないわけではなかった。
高校2年か3年くらいのときに受けた化学の授業で、
プラスチックの話が出ていた。
なぜか知らないけど、この分野の仕事に就いて
世の中のプラスチック製品に携わりたい!!!という願望はあった。

だから化学系の学科に行きたいという願望はあった。
ただ化学系の学科なんてピンからキリまであった。

そんな感じだから国立大学ならどこでもいいやっていう考えに至ってしまった。

”しまった”っていっても最終的には充実した大学生活を送れたし、
秋田に行かなければ嫁には出会えなかったから結果オーライ!!!


大学に進学すると、通院するよりも遊びたいという思いが先行したり、
大学病院に行った時に待たされた時間が長いとか、
症状ないしっていう理由で経過観察はしなかった。

結果論として全く症状がなかったし、
肝臓の数値も安定していたからよかったものの、
今考えれば一歩間違えれば肝がんになっていた可能性もある。。。

素人目線で若かったから悪化しなかったのかなって今では思う。


こんな感じで投稿を進めていこうと思います。

主張したいことはB型肝炎ウイルスは怖い!ってこと!
若い時はいいとしても年齢を重ねるごとに肝臓は労わるべき!


 

初めまして。
いつもこのブログで名前があがっている旦那です。
B型肝炎ウイルスに関しての自分の考えを書いてみようと思います。


私は高校生の時にB型肝炎ウイルスに感染していることが発覚し、
10年以上の付き合いになりました。

正直感染していると知ったときはすごくびっくりしたし、
焦ったし、悲しくもなった。

献血で判明したので、献血なんて行かなければよかったってことも思った。

B型肝炎ウイルスは性病の一種なのは既知の事実であったので、
周りにはひた隠しにしていた。

そもそも高校生でB型肝炎ウイルスを知っている人なんて
ごくわずかだと思うし、話題にも上がらなかったので、
隠すまでもなかった。

まぁすごく仲のいい友達に相談しても、
そもそもその病気自体が知らなかったので、
何とも思われなかった。


肝臓は”沈黙の臓器”と言われるように全く症状が出ないので、
経過観察を必須とするこの病気に何も感じなくなり、
大学時代には全く通院していなかった。

大学の健康診断でも肝臓の数値は安定していたし、
肝炎ウイルスを検査項目に入れてなかったので、
大学にバレることもなかったし、
そのときに数値も見れていたので、一年に一度ではあるが経過観察は出来ていた。


ただけがをした時の血に関しては最善の注意は払っていた。
大量出血ほどの大けがはないが、多少のけがでも周りの人には
触らせることは絶対になかった。


前記したとおりこのウイルスは”性病”で、
性行為によって移ることは周知されてきているが、
自分のB型肝炎ウイルスは性行為によって移ったものではないと確信している。

そもそも感染していることが発覚したときはだれとも経験がなかったのだ。。。

だれとも経験が無くて移った病気なら恥ずかしくて、
だれにも言えないが、性病以外の感染だから後ろめたさはない!!!


だから嫁にこんなブログ書きたいといわれたときは賛成したし、
特に名前を公表するわけでもないし、
むしろこの病気のつらさとかむなしさを伝えていけるなら
さらけ出してもいいと思った。


しかも自分の病気は通常のB型肝炎より少し悪化してしまっていて、
B型慢性肝炎となっていた。
現在は投薬治療のおかげで、ウイルスが暴れることなく健康に過ごせている。
正直自分のような30代前半でこのような闘病している人はまれだと思うので、
自分の経験を記していきます!!!


もちろん嫁のブログとはテイストが違う感じにはなってしまうが、
今後ともこのブログを宜しくお願いします。

↑このページのトップヘ