ラッセルブログ

自分が感染しているB型肝炎ウイルスとの共病ブログをメインに、 旅行や、これまでの経緯を投稿していきます。

2018年11月

最近の研究でB型肝炎ウイルスを撲滅できる化合物を
東京大学の消化器内科の研究グループが見きわめることができたみたい!

ただこんなニュース、マイナーすぎて誰も見ていないと思うけど。

この病気に対して敏感な自分は頻繁に検索して、

特効薬なんでできないかな〜
風邪みたいに治らないかな〜
お医者さん頑張ってくれないかな〜


なんて呑気な感じでニュースを見てる。


今回検索に引っかかったニュースはこちら


医療系の研究は京都大学のiPS細胞のインパクトがすごすぎて、
他の大学の研究なんてあまり知られていないと思う。
(自分も知らないし・・・)


今までB型肝炎ウイルスを陰性化(血液内からウイルスが完全になくなる)
することは不可能とされていた。

実際自分が毎日服用している薬のバラクルードでは、
ウイルスの陰性化は不可能で、ウイルスの増殖を抑制するためのもの。


ただ今回のニュースによると、
以下の物質でHBs抗原を陰性化することが可能になった。


ニタゾキサニド



・・・よくわからんねw
化学系の大学を卒業したからある程度わかるけど、
さすがにこの化合物は初耳だし、どうやって作るのかも不明。

専門的な話をするなら、おそらく数段階で反応させなければいけないから、
汎用化するまでは相当時間がかかりそう。

そもそもこの化合物は既知物質で抗寄生虫剤として、
使用されていたみたいだけど、
今回の報告でB型肝炎ウイルスにも効くよ!ってことなんだろうね。


ただ値段は相当高め。

東京化成工業という試薬メーカーで売られているけど、
1gで16,800円という超高級品!

これなら実用化されたとしても、
ジェネリック品とかが解禁されない限り、
自分の手には届くことはなさそう。


自分の推測の話しでいうと、

実用化まで10年、ジェネリック品が解禁になるまで20年。

今自分が30歳くらいだから、
60歳くらいになるまで買うことは不可能かもしれない。。。


そんな30年後なんて交通事故で死んじゃってるかもしれないし、
他の病気にかかって死んじゃってるかもしれない。。。


今の時代、赤ちゃんに対してはB型肝炎ウイルス予防接種が無料で、
だんだんB型肝炎人口も減ってくる。


薬が必要なのは今なんだけどね!

まぁ今後性病で感染する人もい続けるから、
こういう薬で根絶してもらうのはありがたい話。


一年でも早く実用化されて、汎用化することを望む!!!

このたび嫁と娘を連れ戻すために秋田に行ってきた。


さすがに遠かった。。。

車で7時間半ほど。

嫁と娘を迎えに行くのが一番の目的なのだが、
6年間も秋田にいると常連になるくらい通ったお店は数店ある。



その中でも、秋田(秋田市限定)のラーメンを紹介しようと思う。

※秋田県の食べ物は基本的に味が濃いめになっている。
おそらく寒さをしのぐために味が濃いめの物を食べて、
体をあっためていたんじゃないかと思っているのだが、
そのおかげでガン死亡率日本一位という不名誉な称号もある。。。





No.3 Aji-Q


このお店はチェーン展開しているラーメン屋で、
自分がよく通っていたのは外旭川店。



近くには飲食店が何店舗かあって、
どのお店も失敗しないお店ばかり。

ただ自分はラーメン好きでこの店にはよく通っていた。

このお店はいろいろなラーメンがあるのだが、
自分が好きなのは南蛮ラーメン。

Aji-Q


よく聞きなれないラーメンで、このお店以外で出会ったことはない。

味は醤油なのか塩なのかわからない(多分塩ベース)が、麺は中太縮れ麺。

あっさりしているけど、麺がしっかりスープに絡んですごく旨い。

さらにトッピングされている白髪ねぎは、
刻んだチャーシューとごま油と胡椒と和えられていて、
単品で食べても美味しいし、麺と絡ませて食べてもこれまた旨い!

他にも辛味噌ラーメンとかこく旨とんこつとか、
いろいろ旨いラーメンがいっぱい!!!

とにかく美味しいから秋田で迷ったら行くべきお店!!!

No.2 八屋


ここもすごく美味しいし、
No.3で紹介した店から徒歩1分にあるお店w

ここら辺はホントに旨い店がいっぱいある!!!




このお店は北海道の室蘭ラーメンが発祥の店らしいので、
エビなどの海鮮系がのっているラーメンが堪能できる。

だがしかし、自分はこの店で室蘭ラーメンを食したことはない。

なぜなら醤油ラーメンがうますぎるからだ!!!


いつも自分が店に入って注文するのが、

『醤油ラーメンの味濃いめの麺硬さ、チャーライの小』

基本的に麺の硬さとか味の濃さ等いろいろカスタマイズが可能。

ここの醤油ラーメンは味が濃いのだが、
さらに濃くしたのが自分好み。

具材は厚いチャーシューと、ネギとメンマ。

チャーシューは他の店では味わえないような食べ応えがある。
しかも適度な脂身とジューシーさがあってうますぎる。

ラーメンはこちらも中太縮れ麺で、
濃い味なのにスープがあっさりしていて本当にうまい。

ホントにTHE 醤油ラーメンといった感じのラーメン。

八屋_醤油ラーメン


ただスープは少し特徴的だから万人受けはしづらいが、
うまいことには間違いない!!!

またチャーライはチャーシューライスの略。

こちらも味が濃いめだが、
角切りしたチャーシューに長ネギと特製のタレが和えてあり、
ご飯と掻き込んだら美味中の美味!
しかも小サイズで140円という破格の値段。


八屋_チャーシューライス



No.1 小江戸


今まで生きてきた中で一番うまいラーメン。
ホントにこれ以上のラーメンに出会えていない。

過大評価かもしれないが、自分の中では不動のNo.1のラーメン

ここのラーメン屋は住宅街にあって、看板も小さいし、
初めて行く人にはとにかくわかりづらいかもしれない。

学生時代嫁に初めて連れて行ってもらった時も、
分かりづらくて店の前を行ったり来たりした記憶がある。



裏にも駐車場があるのだが、道が狭くて停めづらいのがネック。

まぁそれをふまえてもラーメンの味は格別。

駐車場の車を停めて、ドアを開けると独特の醤油風味が漂っている。

中に入って注文するのは常連じゃないと少し大変かも・・・

というのもこの店は醤油ラーメンしかなく、

特大、大、並、麺半分

しかないのだ。(トッピングはいろいろあるけどね!)

二人で行った時には大2とか大1並1といえば伝わるのだが、
常連しかいなく、みんな店に入った流れで大きい声で注文している。

ただ注文の仕方が分からなくてもおばちゃんは優しいから
何とかなるかもしれないが、友達で行ってみたいけど
ルールが分からないから行きづらいという人がいるくらいだ。

二郎系ラーメンと少し似た文化かもしれない。


しばらくするとおばちゃんがラーメンを持ってくる。

小江戸

具材は見てのとおりチャーシューとメンマとネギと辛み少々。

辛みは無料で追加できるが、
チャーシューとメンマについては別途追加料金がかかる。

自分の食べ方は、まずスープを味わう。
味はすごく濃いのだが、あっさりしているし深みがある。

このとき中央の辛みは絶対に混ぜない。
味が変わってしまうからまずは本来の味を楽しむ。

それから麺を味わうのだが、
ここでもできるだけ端っこの麺をすする。

おそらくそこら辺の製麺所で作られた
あまりこだわりのない麺だと思うが、これはこれで良し。

そう。この店はスープが絶妙においしい

本来の味を堪能したら辛みを混ぜて食す。

この辛みもすごく辛いわけでもなく、
風味と辛さ加減が素晴らしい。


このラーメンも少し賛否が分かれるものだと思う。

ホントにしょっぱ口のひとは絶対食べて頂きたい一品。


他にも末廣らーめんとか宝介とかほんとに秋田のラーメンはうまいものばかり!

ぜひ太ることを覚悟して秋田のラーメンを堪能しにいってほしい。

転職が決まるといろいろな人に知らせないといけない。

家族、同僚、上司などなど。


嫁には転職活動する前に伝えていたので、
転職先が決まったことに対してすごく喜んでくれた。

今回は転職することを伝えていなかった人たちにどう伝えたか、
どういう反応をされたかを投稿しようと思う。



家族


今回の転職について、家族には相談しなかった。

自分の実家は自営業で、サラリーマンについてあまり理解していないものの、
古い考えだから転職の話を少ししたら、

『絶対反対!』

としか言われなかったから相談できなかった。

ただ兄には『自分の人生なんだし、嫁がいいなら好きにしな』、
と真っ当なことを言われた。


内定をとってさすがに転職したのに連絡しないっていうのは、
失礼だと思い、電話で報告。

事前相談ない!とか、年収下がるだろ!とか言われたけど、
しっかり説明して納得させた。

納得しなくても転職はしてたけどね。



同僚


ここが結構な精神的にきつかった。
よくしてくれた同僚・先輩には転職することを内定前から報告して、
選考が通るたびに報告していた。

逐一喜んでくれたし、内定取った時には自分のことのように喜んでくれた。

会社には不満はあったし、ごく一部の変な人を除いて、
人には恵まれていた。


話はそれてしまうが、
自分が転職の内定を頂いてからいろいろな人から相談を受けた。

『どこのサイトを使った?』
『履歴書・職務経歴書の書き方は?』
『今まで何社受けた?』

そもそも自分は転職しますといったのは、
おそらく5人くらいにしかしていなく、
自分が転職することに驚いた人が多くいた。

まぁかなりブラックだったし、
社畜と言われても言い返す言葉もないくらい
ひどい職場だったからほかの先輩後輩が転職したいと相談に来ても驚かなかった。

転職してから数か月後に10人くらい集まったのだが、
このとき7人は転職済み、2人は転職活動中だった。

後日談で自分が転職してから15人ほど転職したらしい。。。
ホントに会社としてよく操業できているなというレベル。

上司


ここが今回の話の肝となるところ。

内定を頂いた二日後に出勤し、
仕事が始まる前に課長のところにいき、転職する旨を伝えた。

最初は穏便に話していたのだが、
だんだんヒートアップしてきた。

話始めた時は、

『転職の理由は?』
『次はどういう仕事をするの?』
『給料はどうなるの?』

少し下世話な話もあったが、
年休消化の話をし始めてから口調が荒くなってきた。

『年休は上司の了解が無ければ取れないから休ませない』
『人が足りないのわかってて転職しといて、
 のうのうと年休消化なんて常識知らず』
『年休は一日たりとも使わせない』
『お前みたいな人は1日でも早く辞めて欲しい  』
『早く仕事して!顔も見たくないから。』
『いろんなパイプ使って、次の会社に伝えとくから、使えない奴だって!』

いろいろ言われたが、ここは我慢!と思って仕事に戻ろうとすると、最後のダメ押しで、

『次の仕事キツくなったら戻ってきなよ!契約社員としてね!

自分は何も言わずに去った。


こんなパワハラみたいなことを言われても何もしないのは嫌だったから、
このことをコンプライアンス担当の方に全て話し、
課長には厳重注意、自分は年休は全て消化できるように手配してもらった。

また今の会社の子会社が前の会社に製造委託している製品があるから、パイプは無きにしも非ずだが、不良品が多く、自分が入社したタイミングで製造委託の契約を切っていた。


上場しているけど、いまだにこんな会社はいっぱいある。

ホントに会社に不満がある人は転職するべき!!!
ガマンする必要はない!

先に言っておくと、自分は極度の寂しがり屋。


自分のテリトリーに誰かがいないと不安になる。

ただこれは自分が心を許した人のみで、
この心を許した人とは嫁と娘、親友1人の3人。

両親、兄に関してはいてもいなくても何にも思わない存在。

これ誰かに伝わるかな〜。。。


ということで、嫁がいなくなって2週間以上経つが、
この間に思ったことを書いていこうと思う。

 

とにかく寂しい・・・

嫁がいるときの日常は、
まず朝起きると朝ごはんが用意されていて、
それを食べ、身支度をして、
娘を起こしてオムツを替えてから出勤する。

その日常のうち、娘を起こしてオムツを替えるというのがなくなるのだが、
まず起きても隣に娘がいないことで寂しくなる・・・

さらにリビングに行って嫁がいなくて寂しくなる・・・


仕事が終わって家に帰ってきたら、
いつもなら玄関の扉を開ける音が聞こえたら、
娘が走ってきておかえりと言ってくれるし、
リビングに行けば嫁がいて、おかえりと言ってくれるのが日常。

今は帰っても無音・・・

部屋は真っ暗で、自分で電気をつけながらリビングに向かう。


ため息が多くなる・・・

これはなぜか知らないけど、
1人になってからため息が多くなった。

おそらく原因は、
寂しさと、仕事の疲れと、時間が有り余っているからと推察。

嫁と娘がいるときはまず寂しさなんて皆無だし、
仕事の疲れなんて娘がいたら何も感じないし、
感じる間も無く一緒に遊ぼうと言ってままごとが恥じまる。

そういって娘と遊んだり、嫁と話していると時間なんてすぐに経つ。


今は寂しいし、仕事の疲れはドッときてるし、
時間は有り余りすぎて、いつもより時間の流れが遅く感じている。

家事が大変

まず朝起きたら食事の準備。

食べたら食器洗い。

掃除機かけたり、トイレ掃除したり・・・

帰ってきたら夕ご飯の準備。

洗濯したら干すか、乾燥機にいく。

こういうときだから思うけど、
主婦はホントにすごい

家が広すぎる

今は賃貸アパートを会社が借りて、
借り上げ社宅として自分に住む場所を提供してくれる。

アパートは自分で選んでいいから、
できるだけ広いところを選んで3LDKのアパートを借りている。

そりゃ家族がいればちょうどいい広さかもしれないけど、
さすがに一人で暮らすのは広すぎる・・・

掃除するにも広すぎるし、風呂入る、トイレ行く、
着替えを取りに自分の部屋に行く。

全部遠い!!!

正直贅沢悩みだと思うけど、
嫁娘がいた時よりなにかと広く感じる。。。

家に帰るのが遅くなる

いつも定時で帰っているから17時には帰れるわけだけど、
いつもなら帰ればご飯があるし、嫁娘もいる。

今はいない。。。

仕事が終わっても直接帰らずに、
残業したり、ゴルフの打ちっ放し行ったり、漫画喫茶行ったり。。。

とにかく家には帰りたくなかった。


こんな感じの生活が続いていた。。。

勘違いしていただきたくないのが、

離婚・別居ではないよ!?


単純に一年に一度の里帰り!

それも三連休で終わり!

この三連休で秋田に迎えに行きます!!!

 

前のブログに書いた通り、前回乗っていたフリードが
壊れていた?から最近車を乗り換えた。


急な買い物だったからしょうがなくローンを組むことにしたのだが、
中古車のローンの金利手数料に関して甘く見ていた。


ディーラーで新車を買う時の金利は残価設定型とかいろいろあるが、
だいたい2%〜3%
 
申請が多少めんどくさいが、銀行でお金を借りてローンを組んだ場合、
借りる金額、変動金利・固定金利の選択にもよるが、
だいたい2〜4%

 
そして今回ビックモーターでステップワゴンを購入した時の
金利手数料は驚愕の9.9% 。


今回頭金を支払ったり、壊れた車の引き取り等で、
ローンを組んだ金額が 150万円ほど。

そして金利手数料が40万円近く、
支払総額が190万円近くなった!(◎_◎;)


金利手数料って。。。

月4万返していたら10ヶ月もかかるから、
ほぼ一年間手数料のための返済期間になるじゃん。。。

せっかく楽天モバイルに切り替えたり、
固定費を見直して節約しようとした矢先に、
こんな話は単純にイヤだったから、
なんとかしてこの金利手数料を減らすことを考えた。


金利手数料を減らすことができる【借り換え】というものがある。
複数社借りているローンを一つの口座にまとめたり、
希望の口座に変更が可能。
ただ若干の手数料がかかるが、手数料を含めてのシュミレーションが
それぞれの銀行で算出できるから、一度やってみるべき。


またネットで【自動車ローン 借り換え】と検索すると、
大手銀行や、地銀などの自動車ローンが出てくる。

大手だと三菱UFJ銀行の【ネットDEマイカーローン】か、
住信SBIネット銀行の【Mr.自動車ローン】の二択。


地銀は意外と良心的でほとんどの銀行で借り換えが可能だと思うけど、
自分はこの二択で考えた。

三菱UFJ銀行はすでに口座を持っていたし、
変動金利だけど、若干金利手数料が少ない。

とのことで自分は三菱UFJ銀行でローンを組むことに。


ネット銀行も同じかもしれないが、
わざわざ銀行に行って手続きをしなくていいのがありがたい。

また事前審査なるものが当日終わることもありがたいし、
本審査も不具合がなければすぐ終わると思われる。

自分も最初の審査から2週間ほどで終了した。


当初金利手数料が40万円くらいだったのに対して、
10万円ちょっとになった!!!


こういうことは本当にめんどくさいことだけど、
30万円安くなったということは、
ほぼ一年分のローンがなくなったということだから、
こういうことはやっておくべき!!!

こういう窮地に立つと人って必死で勉強するし、
成長するタイミングだと思う!



 

↑このページのトップヘ