過去の投稿をみてもらうとわかるのだが、
B型肝炎ウイルスのキャリアである。

毎日毎日死ぬまでバラクルードというウイルス量を減らす薬を飲んでいる。

ただそれでもウイルスが暴走してしまって、
最悪の場合肝臓を侵して肝硬変肝臓がんに進行してしまうかもしれない。


そんなことにならないために2~3カ月に1度、
採血をしてウイルスの量を検査して、経過を観察している。

今回は11月に検査したときの結果を投稿する。


【肝臓関連の数値】

・AFT(肝臓がんの有無の指標)
2.5ng/ml(基準値:10.0以下 ng/ml)

・PIVKA-Ⅱ(肝臓がんの有無の指標)
22mAU/ml(基準値:40未満mAU/ml)

・HBV-DNA定量(B型肝炎ウイルスの量)
未検出(基準値:検出せず)

・AST
24U/L(基準値:10~40U/L)

・ALT
26U/L(基準値:5~40U/L)

・γ-GTP
20U/L(基準値:70U/L以下)


肝臓の数値は特に問題なし!

毎回のことだけど、
結果を主治医から説明されるのだが、

『〇〇さんの結果なんですけれども・・・・・良好です。

いちいちタメて言ってくるのがビクビクする笑

これはふざけているとかそういうわけではなく、
天然でこういう対応してくる。

こういうやり方嫌いじゃないからいいけどね!

ただこうやって見直してみると、
AFTとPIVKA-Ⅱの違いがよくわからない。
今度聞いてみよう!


【その他の数値】

・総コレステロール
159mg/dl(基準値:150~219mg/dl)

・中性脂肪
111mg/dl(基準値:50~149mg/dl)

・グルコース(血糖値)
86mg/dl(基準値:70~109mg/dl)

・尿素窒素
12.4mg/dl(基準値8.0~22.0mg)


これらも特に問題なし!

おととしの2カ月くらい血糖値が130近くまで上がっていた時は、
さすがに食生活とか気を付けたし、すごく焦った。。。

今は高くなることはないが、
今後も肝臓の数値同様要注意項目!

中性脂肪もときどき上限をオーバーすることがあるけど、
これは前日の食事で左右されることもあるし、
アップダウンが激しいからあまり注視していない。


今後も血液検査をした時には経過を投稿していこうと思う!


この冬、大型ダイエットを予定しているから、
それも投稿していこうかな~~~