前回のブログでは大学院に行った場合のメリットを投稿したが、
今回は逆にデメリット的な話をしようと思う。

実際に自分はメリットとデメリットの割合は9:1くらいかな〜。

自分の経験談とか大学院の同期の話とかします。


 


専門分野で就職ができないことも・・・


これに関しては、当たり前のことを書いていく。

大学院に進学する人の多くは、
専門分野を深く学びたいという思いで進学する。

もちろん自分もそのうちの1人。

まぁ就活のための進学といっても過言ではないが。。。


同期の中にはまだ就職したくないから進学するクズがいた。
公務員試験を受けるために浪人の肩書がイヤで進学するバカもいた。


研究室選びに失敗した場合、
興味のない研究室の興味のない研究テーマで、
大切な大学院生活を棒に振ってしまうというかわいそうな事例もある。

そんな人も含め、適当に大学院生活を送ってしまうと、
就職活動で自分のアピールポイントがなくなってしまう。

そうなると自分が就きたい職業につけないという最悪の事態に。。。


自分の同期でも化学系の大学院に進学したのにも関わらず、
システムエンジニアやサービス業など、
希望の業界に就職できない人がいた。

こんなことになってしまったら大学院に進学しても意味がない。


そもそも大学に入るときもそうだけど、
こういう仕事がしたい、こういう分野の勉強をしたいっていうような、
目標がない人は大学、大学院に進学するメリットは全くない。



就活する時間が限られる


大学院は専門分野を極める場所。

毎日毎日実験して自分が与えられたテーマに対して、
結果を求められる。

まぁ求められる結果なんて簡単に出たら、
世の中の技術はさらに進歩しているはずだし、
ノーベル賞級の研究がザラに出ているはず。


就職活動のタイミングは大学院1年の冬から始まる。

ただ結果を求められるのから実験をしなければならない。

さらに地方大学が都心部で就活するとなると、
移動だけで一日かかる場合もある。

そうなると上京して漫画喫茶で報告会の資料作成を
する羽目になっていた。


そんな葛藤があって自分は内定をもらう時期が少し遅れた。


『この研究の成果が出来なければ卒業させないよ。』

アカデミックハラスメント(通称:アカハラ)という言葉もあり、
大学院生はほんとに大変。


まぁそういう事例は稀だけど、大学院生はほんとに忙しい💦


最近ツイッターで【フリーランス目指して大学辞めます!】っていうのがあったけど、
それはそれで正解だと思う。

大卒の肩書はフリーランスには全く意味がない。

必要ないものに対して執着する必要はない。



大学院に行くと専門知識は得られるが、
それなりの縛りはある。

自分が求める職業が明確に決まっていないと、
大学院に行く必要は間違いなくない。


と思う。