B型肝炎ウイルスは性病の一種

改めて自分は性病で感染したわけではないが、
感染してしまうとホントにめんどくさいというか辛いというか。。。

B型肝炎ウイルスに感染するといろいろ辛いことがある。

感染していることを知ってから不便だと思ったことを
書き出していきたいと思う。




・自分は病人なんだと自覚しムシャクシャする


B型肝炎ウイルスに感染したと発覚したのが17歳くらいの時。

友達と遊び半分で献血をしたときに発覚したのだが、
初めて知った時はどんな病気だか知らなかったが、
調べると性病という言葉がいっぱい出てきてびっくりした。

当時は性病にかかった!という焦りが先行して、誰にも言えず、
あんまり病気のことは考えないようにしていた。

周りの誰にも相談できない気持ちと、
病気なんだという気持ちが混在しムシャクシャしていた時期があった。

その後誰とも経験がないということから性病で感染したわけではなかったと判明し、
周りの友達にも相談できていたのだが、
これが性病で感染していたらゾッとしているし、誰にも言いたくない。


・経過観察をしなければならない

B型肝炎ウイルスはいつ暴走して肝臓を攻撃するかわからない。

そのため定期的に血液検査を行い、HBV-DNA量を観察していく必要がある。
これがホントに面倒くさい。

感染していなければこんなことしなくてもいいのだが。。。

・慢性肝炎になると死ぬまで投薬生活。。。
 

これもホントに面倒くさい。。。

経過観察中にHBV-DNA量が増加し、肝臓の数値が高くなると、
バラクルードを飲んでHBV-DNA量を減少させる必要がある。

飲む頻度は毎日。

しかも飲む前後2時間は何も口にしてはいけない。

飲むのをやめるとHBV-DNA量が増加してしまう可能性があるので、
これは死ぬまで飲まなければならない。。。

・何かとお金がかかる

経過観察は血液検査と診察のみで一回3000〜4000円くらいで、
年2,3回程度なのだが、バラクルードを服用するとなると
これに月2000円ほどの薬代が加算される。

自分の場合、だいたい・・・

薬価代:2300円×12ヶ月=27600円
診察代(薬のみ月):1400円×6ヶ月=8400円
診察代(血液検査の月)
(3500円(血液検査)+1400円(結果を聞きに行く))×4ヶ月=19600円
診察代(血液検査+エコーの月)
(5000円(血液検査+エコー)+1400円(結果を聞きに行く))×2ヶ月=25600円

これは大体の価格だから数千円くらい前後するけど、
年間約8万円くらいのお金がかかっている。。。

B型肝炎ウイルスに感染して、慢性肝炎に発展してしまうと、
これだけのお金がかかってしまいます。。。

・周りに感染しないのかと無駄に心配してしまう

とにかく周りには気をつかってしまう・・・

仕事中の怪我では同僚に感染しないか、
家でも怪我をした時に家族に感染しないか、
歯ブラシも自分のは間違って誰かに使用されないように
隔離している。

大雑把な自分だけど、それだけは気にしている。



B型肝炎ウイルスに感染してしまうと、これだけのデメリットがある。

しかも一生治らない。。。

これからもしっかりとこの病気について投稿していきたいと思います!!!