再び例の病院に連絡

慢性肝炎で再訴訟をするにあたり、
旦那の病状が慢性肝炎だったことを証明する必要があった。

そのためにはバラクルードを飲み始めた時に通院していた病院から
証明書を提出してもらう必要があった。

そう。。。例の病院だ。。。
ブログで何度か登場する最悪な病院である。

ただ例の病院は肝臓専門医がいたとしても、
病院自体は肝臓専門の病院ではないことがわかっているので、
例の病院から一番悪い時の数値をもとに紹介状を書いてもらい、
肝臓専門病院で証明書を書いてもらう必要がある。 

弁護士からこれらの手法はB型肝炎訴訟で一般的なもので、
どの病院でも対応できるはずですとのことだったので、早速連絡してみることに。


例の病院に連絡すると、
まずはこちらで一度採血して、
現状を知ってからなら対応可能であるとのこと。

ただこのとき採血して、現状を知ったとしても肝臓の値は安定しているため、
意味がないことはやる前からわかっていたことだった。
その旨を伝えると。。。

『現状で判断できなければ紹介状を書くことはできない。』
『ほかの病院でできたとしてもうちでは受けかねる。』 

ホントに融通のきかない病院だった。。。

この病院は諦めて、次の手を打つことにした。


証明書ゲット!!!

例の病院は早々に諦め、弁護士事務所と相談したのちに、
今通っている病院で紹介状を書いてもらい、肝臓専門病院に持っていくことにした。

この方法は本当にすんなり進んだ。 

今通院している病院も肝臓専門医がいるものの、
肝臓専門病院ではないためほかの最寄りの病院に行かなければいけなかった。 

ただ旦那の主治医と、最寄りの肝臓専門病院の先生は先輩後輩関係で、
紹介状を書いてもらうも、別で電話で連絡してくれたみたいで、
初めて会う先生にも説明せずに証明書を書いてくれた。

ただこのときも例の病院の数値データとカルテをもとに証明書を書いてもらったのだが、
2017年1月くらいの肝臓の数値が悪化した時のデータがすっかりなかったのだ。

これは旦那がもらったデータをファイリングしていたため、
ことなきを得たが、データの管理もなっていない病院だったのだ。
ホントにひどい。。。

旦那が子会社に出向して、転院することになったが、
本当に良かったとこの時も実感したひと時だった。


現状

全ての書類を弁護士事務所に提出し、現在は訴訟に必要な書類が他にもないか
弁護士事務所で精査中。

今後状況が変わり次第投稿していきます!