事故直後から救急車に乗車

旦那が載っていた車は止まっていたので衝撃は相当なものだった。

止まっている車に対して追突したとしたら、

動いている車に追突した場合と比較すると前者のほうが相当衝撃は強い。

衝突した瞬間はあまりに大きな衝撃と、シートベルトの締め付けによる胸の痛みで

あまり覚えていないとのこと。



同僚も乗車していたが、あまり状況を理解していなかったので、

ものすごく動揺はしていた。



ただ同僚がいたことは不幸中の幸いで、

動揺しながらもいろいろ話しかけてくれた。

これが一人だったら本当に寂しかったと思う。



旦那は同僚に救急車を呼ぶように指示したところで相手の方がやってきた。

申し訳なさそうな態度で平謝りしてきたが、

旦那はこちらが救急車を呼んだ旨を伝え、警察を呼ぶことを指示した。



救急車と警察が来るまで、同僚には会社に連絡しといてもらい、

旦那は私に連絡していた。

私は電話を取る事ができなかったが、イヤな雰囲気は感じていた。

基本旦那は移動中に連絡してくることは稀で、

そのあとにラインすら入っていなかった。



しばらくして救急車がきたので車から降りようとしたところ、

左足のふくらはぎが動かない状態になっていた。。。

この時は現状どうなっているか把握する余裕もないので、

救急隊員に肩を持たれ、誘導されるがままに同僚と一緒に救急車に乗車した。



この時に旦那は過去の事故の経験から、

車の中にあった任意保険の電話番号の紙を持っていっていた。



救急車の後ろのドアから入車したが、

ドアが閉まる前に相手の方が再度平謝りに来たが、

ひたすら謝られたので逆に心配になったが、

こちらが何か言う前にドアが閉まって病院へ出発した。



病院

病院に行くまでの道中に救急隊員から現在の状況や、

事故の瞬間の様子を聞かれ、首や背中が熱くなってきたことや、

左足のふくらはぎの感覚がない事を伝えた。



旦那の聴取が終わり、同僚も同じような事を聞かれ、

首が痛くなってきた事を伝えていた。



お互いムチウチになっていた。

そりゃ10tトラックに突っ込まれてどこも痛くないなんてことはないよね。。。



病院に着いたら車椅子を用意してもらい、

レントゲンや、触診を受けた。

この時の診断結果は首、背中のムチウチと、

ぶつかった瞬間に踏ん張った時に力が入り過ぎて、

筋肉が痺れているだけでシップを貼っておけば治るとのこと。



同僚が同じ診察を受けている時に、

旦那は任意保険と私、上司に連絡をとっていた。



任意保険の人との電話では今回の事故は後ろからの追突なので、

相手の保険を使用して今後の治療を受けてくださいとのことと、

今後見舞金の請求や、相手の言い分に納得が行かなければ、ご連絡しなさいとのこと。



私との電話ではとりあえず無事である事を報告受けた。