投薬が正しかった、間違っていたなんて考えていてもしょうがなかったので、

その後の旦那の生活について投稿してみます。



旦那はタバコは吸わず、お酒も会社の飲み会や、

友達と遊びに行ったときにしか飲まない人で、

晩酌をしないので、お酒を飲む人よりは投薬に適した人だったかもしれません。



もともとお酒が好きな人にというバラクルードを飲む2時間前から飲食禁止

という服用タイミングに制限がある薬を、

半永久的に飲まなければいけないのは地獄だと思います。



私はお酒を毎日飲みたい人なので、

常に旦那に気をつかってお酒を飲んでいますが、

バラクルード服用前から、”気をつかわないで”と言って頂いておりますので、

お言葉に甘えて頂いております( ´_ゝ`)



それでもバラクルードを飲むタイミングを逃してしまうことが

過去に数回ありました。



一度目は旦那が出張に行って帰ってこれなかった日。

帰ってこれなかったというか、新幹線で乗り過ごして、

新幹線で2駅先まで行ってしまった時でした。


2駅先の駅はリゾート地の駅で、着いた瞬間駅から閉め出されたらしく、

真っ暗で途方もない道を帰るしかありませんでした。

といっても、2駅先なので数十キロ離れています。

JRの在来線で10数駅ほど、車で高速道路を使っても一時間はかかる。

ほんとにあほの極みだと思います



旦那はそれから私に連絡を取りましたが、

24時くらいだったためぐっすり寝てしまっていました。

ただ『自分で何とか帰るから心配しないで』と、

一時間おきくらいに写真付きのLINEが来ました。

おそらく大変な状況を伝いたいのと、

浮気してませんよ!って必死に伝えたかったのだと思いますw



あとあと話を聞いてみると

ラッキーなことにスマホは新幹線で充電できていたので、

MAXだったことが唯一の救い。



Google Mapも見れたし、最寄りの駅までの道、始発の時間とか

いろいろ調べることができた。



ただ調べていくうちに悲しい現実が待っていた。。。



新幹線駅の最寄りのJR駅まで約4kmの道を歩いて行ったが、

当然閉まっているし、始発まであと5時間くらいある。

近くにホテルとかファミレス、漫画喫茶とかがあればよかったのですが、

リゾート地の近くのJR駅なのでド田舎でコンビニすらない状況。



仕方なく次のJRの駅まで歩くことに。

距離として6km。。。

そこの駅の近くにはホテルもあるので行ってみると、ド田舎なのにホテルは満室。

ただホテル側の多大なるご厚意で、

エントランスのソファーを借りて仮眠することに。


それから始発で帰ってきてはくれましたが、次の日の朝7時。。。

偶然なことに有休を頂いていた日なので、会社には迷惑がかからず。



薬は飲めなかったので、主治医に相談してとりあえずは経過観察で、

血液検査で調べてみることになりましたが、幸い異常なし。



今回の飲み忘れのエピソードが強すぎて、ほかにも飲み忘れエピソードあるのですが、

今後投稿を予定しますが、あまり期待できないかもしれませんw