旦那が薬の服用を開始してから、

血液検査+薬代で毎月15000~16000円というと大きな出費で家計が大赤字。。。

妊娠が分かった1か月後くらいからバラクルードの投薬が開始したため、

子供が生まれるまでにベビーベットや、

哺乳びんなど準備でお金がすぐに無くなっていった。

月の給料では足りず、ボーナスを食いつぶしてしまう生活に。。。



脱却しようと思い、そもそもバラクルードが高額すぎるのが原因のため、

【核酸アナログ製剤治療受給証】の申請をすればいいのか!と思い、

色々調べてみると、自己負担額が毎月1万円となるため少し興味を持っていたが、

そのうちジェネリック品が出ると血液検査+薬代で10000円きってしまったら

この申請は無駄になってしまうということを考え、断念することに。。。



そんなときにふと頭によぎったのがB型肝炎訴訟

転職前に通っていた病院の先生に申請してみたら?と言われていたのですが、

当時は経過観察状態で医療費があまりかかっていなかったし、

申請に時間がかかる、親にも血液検査をしてもらう、

訴訟の準備ができてから和解するまで一年以上かかるなど、

正直めんどくさいと思って手を出していませんでした。



これから子供が生まれて養育費など家計を圧迫しそうなファクターが

いっぱい出てきそうなときにめんどくさいなど言っていられない!、

ということで訴訟の準備を開始することに。。。


弁護士に相談、依頼すると相当お金がかかるイメージがあったため、

まずは自分でやってみようと思い、いろいろ調べてみることに。

調べてすぐわかったことは、国語が苦手、

専門的用語がさっぱりわからない夫婦が訴訟や裁判のことを調べて

自分たちでやろうとしても一歩も進むことはなかったし、

知識がないので厚く高い壁にぶち当たってしまったのです。。。


そんなことをやっていては時間がもったいなかったので、

すぐに切り替えてGoogle先生に頼ってみると、いろんな弁護士事務所が検索された。

迷っている場合でもなかったので、

一番上に掲載されていた法律事務所のホームページにアクセスしてみることに。

それが今も連絡を取り続けているV法律事務所。

さすがに一番上に掲載されていたことだけで全任せにはできないので、

V弁護士事務所を少し調べてみると、B型肝炎訴訟の解決数、弁護士事務所の規模、

すべての弁護士事務所のトップ10に入っていることをしっかり考慮したうえで

ここなら安心できると思い、依頼をすることにした。