転職後、仕事に関してはとても良い環境で仕事をできるようになった。

私が妊娠後に通院をする際に、休みを取って旦那も一緒に行ってくれたし、

有休を自由にとれる環境で仕事をするようになった。


プライベートに関しては、友達がいなくなってしまった分、心細かった。

旦那が転職する前までは私もガソリンスタンドで仕事をして、

仕事仲間もいたし、お客さんにもよくしてもらっていた。

嫁いだ身だし、多少の寂しさは我慢をしていた。


そんなこんなで旦那はB型肝炎ウイルスの経過観察のために、

病院に行くことにした。

ネットで肝臓専門医がいる病院を探し、

勤務先と自宅の中間くらいに位置するIMC(Iは地名)に通院することにした。


ここから病院のグチになります。。。

病院は駅前に位置し交通の便がよく、さらに周りが少し田舎のため、

平日でも午前中はおじいちゃん、おばあちゃんが非常に多い。

そのため待ち時間は平気で2時間。

患者は番号管理されているわけではなく、順番待ちの紙に記入するだけなので、

たまに順番ぬかしされている場合があります。

それを指摘すると、非を認めるわけもなく、

『順番通り呼んでますよ』とさらに逆切れする受付。

会計の時にはカルテが会計に回されていなく、

前にだれもいないのに最長30分くらい待たされることがありました。


このあとは担当の専門医に対するグチ。。。

初めて病院に行って採血する時に今までに掛かったことが無い金額になってしまった。

これを次回結果を聞きに行ったときに聞いてみると、

『この病気はこれくらいは普通にかかる』・・・

前の病院で受けた初診料+血液検査代等込々で2.5倍くらいになった。

今までの病状をセカンドオピニオンのような感覚で聞こうと思ったら、

『次の患者が待ってて時間がないからまた今度。』

しまいには検査項目を間違い、肝臓の数値の検査をしていたのに、

膵臓の数値の検査を依頼していたことがあった。

医者が間違っておいて、旦那も仕事で時間がないのに、

『来週また来て血液検査しといて』・・・

行きたくなかったのにもかかわらず、

月一で薬をもらいに行かなければならないという縛りがあったので、

毎月そのタイミングではイライラしていた。

転院も考え、医者にその旨を伝えると、

『この地域には私しか肝臓専門医はいない』

まさに殿様商売

よく調べてみると、少し足をのばせば肝臓専門医がいる病院はザラにあったことが判明。。。

当時の調査不足を今は本当に後悔している。


そんな通院鬱になりそうなタイミングでラッキーなことに旦那が子会社出向の話が!!!


・・・続きはまた投稿します!!!