三年前の記事ですが、こんなはなしを見つけました。。。


http://news.livedoor.com/article/detail/10075490/



旦那がB型感染ウイルスに感染しているのが発覚したのが高校生の時。

当時は身近な友達にも隠していたみたい。


B型肝炎ウイルスの感染力が強いことを知り、

旦那の中でちょっとした壁が出来てしまった。


たしかに別なウイルスでHIVに感染している人が近くに居たら、

ちょっと差別をしてしまうかもしれない。


上記の記事の女の子がなぜ周囲に知られたのか謎だが、

旦那の場合、学校に知られることはなかったので周りにも知られることが無かった。


女の子の気持ちは強く共感できるみたいで、

同じ鍋をつついた場合ウイルスがうつってしまうのではないかというのを

すごく考えてしまい、そこから派生して被害妄想が膨らんで、

友達との外食を控えてしまうくらいになってしまったらしい。。。


私と付き合うまでにいろいろ調べたみたいで、性行為以外ではなかなか

うつることはないとわかって、ウイルスがうつることはあまり気にしていなかった。


ただ付き合う前に旦那との関係がよくなり、付き合う、付き合わないの状況になったときに、

B型肝炎ウイルスキャリアであること、好きであることを告白してくれました。


私はウイルスに関する知識も多少あったし、

隠さず告白してくれたこともうれしかったし、

付き合うことに


こういう話は置いといて、最近の旦那は自分の病気を上司、同僚、友達に

隠さず話しているみたいです。

一年半前に肝臓の数値が悪くなり、週4で点滴を受けなければいけなくなった時に、

周囲に迷惑をかけてはいけないということで、カミングアウトしました。


もともと上司は部下の話を聞いても忘れるどうしようもないので、

これまで転職してから三年がたち、5回ほど相談しているが、毎回初耳の感じで聞いている。

こういう上司にはならないようにしようと誓った旦那でしたw


脱線してしまいましたが、同僚でもB型肝炎ウイルスに感染している人がいたり、

理解をしてくれて月一の検査のときは早く帰らせてくれたりしました。


旦那は周りに恵まれていましたが、記事の女の子は非常にかわいそうですね。


ただ周りにキャリアがいなく、情報共有できる人もいない。

このブログで旦那がB型肝炎ウイルスキャリアであることを公開しているが、

『私もB型肝炎ウイルスキャリアです』と手を挙げてくれる人を探しているわけではないが、

情報共有できる人が見つかればいいなと思っています。