今回は旦那のB型肝炎ウイルスに感染していたと知った後の行動と、

その時の担当医に聞いたことを投稿します。


赤十字の手紙でB型肝炎ウイルスに感染していると知った旦那は、

県内有数の総合病院に行くことにした。

当時はまだインターネットで簡単に調べる文化はなかったので、

肝臓についてもあまり調べることはありませんでしたし、

第一に全く興味がなかったみたいです。

今では引っ越した先に肝臓専門医がいるのかどうかまで調べるほどになったというか、

自分の病気にしっかり向き合っているみたいです。


いった病院には奇跡的に肝臓専門医がいたみたいで、

血液検査を行っていただき、検査結果は一週間後。


結果はもちろん陽性。。。

しかもHBV-DNAまで検出されている状況。。。

いろいろ説明受けても当時高校生の旦那には理解できず。

理解できたのは3か月に一回、血液検査をしにきてくださいとのこと。

要はHBV-DNAが検出されたとしてもALT,ASTの値が悪くなっていなければ、

経過観察で十分らしい。


HBV-DNAが陽性の場合、自分の体内でB型肝炎ウイルスが増殖していて、

ウイルスが元気に活動しているようです。

ただウイルスが増えることが肝臓に悪いというわけではなく、

大体の人が無症候性キャリアで肝機能の数値(ALT,AST)は悪くないはずです。

大体の人と記載しましたが、HBV-DNA陽性の人のうち、20%の人が

肝機能が悪くなることがあります。

酷くなる人は慢性肝炎や肝硬変になっているケースもある。

HBV-DNA陽性の人や無症候性キャリアの人は3か月、もしくは半年に一度、

定期的に血液検査する必要がある。


これは担当医から聞いたはずの話。

当時は理解できなかったけど、今の旦那は理解できているみたい。


説明はされたが、肝臓病特有の自覚症状が全くない、

理解が不十分、かつ興味がなかった旦那は、

3回ほど検査をして、その後行かなくなったみたいです。。。

危機感がなさすぎますね。


その後しっかり検査をしたのは新入社員として社会に出てからの話なので、

ほぼ7,8年は放置していたみたいです。

何も問題がなかったからいいものも、最悪の場合、

肝臓がんになって死んでいたかもしれませんね。


今はバラクルードを飲まなければいけないので月一度の通院、

2~3か月に一度の血液検査をしっかりこなしているので良しとします!!!

まあ、嫁娘がいるのに死ぬかもしれない病気を放置しておく旦那ではないと思っているから

結婚したわけですけど


続きはまた今度投稿します!