この投稿で旦那の過去を少し。。。


旦那は高校時代、プラスチック製品に興味をもって、

専門的な話になってしまうが、高分子の勉強をしたく、

そのような学問に関する大学に進学しました。


大学に進学するとプラスチックの開発職に就きたいと思うようになるが、

【この業界では大学院に進学しないと営業職にしかなれない】

という情報を助教の先生から仕入れて、大学院進学を志すことに。


プラスチック関連の研究室に入り、研究に没頭し、卒業。


今思えば大学、大学院あわせて6年もいっていたことを改めて考えると、

すごいことをしていたんだと感心します。



社会に出てから少し問題が。。。

希望のプラスチック関連の会社に入社出来たところまではよかったが、

開発職で入社したはずなのに、製造職で2年間交代勤務で研修することに。

その後開発部署に異動させるというコースを用意してくれていた。


これはメーカーではよくあることらしく、会社の技術を学ぶためには

現場を経験させる会社は多い。

ただ2年は長すぎるというのが第一印象。

しかも研修中に気づいたのが当初2年と言われた先輩が5年も同じ部署にいる。


2年後・・・

先輩が異動していないのでそりゃ3年目の旦那が異動できるわけない。

この不満は増大していった。


さらに希望していた開発部署から全社アンケート。


【今後の会社の開発案件を提供して頂きたい】



・・・これは開発の仕事なのでは?

市場の動向もわからない閉鎖された環境で仕事をしている現場の社員に、

こんなことを聞くのか? さすがにおかしい。。。


異動の希望が通らない、目標の開発部署が謎の動き、交代勤務で体がボロボロ。。。


よしっ 転職しよう!


という勢いで転職をしました。

転職の話はまた後日。


転職先の最寄りの病院でB型肝炎の検査をするとAST、ALTの値が異常値。。。

病院の先生によると、交代勤務で体を疲弊させたのが原因の一つであるとのこと。


今の会社で体を酷使することはなくなりましたが、

嫁娘がいる現状で、もうそのような仕事は一切させたくありません!