ラッセルブログ

自分が感染しているB型肝炎ウイルスとの共病ブログをメインに、 旅行や、これまでの経緯を投稿していきます。

自分の趣味の一つである将棋のことについて投稿しようと思う。


今まで将棋のイベントには行きたいとは思いつつも、
なかなか時間を作れず、いけてなかった。。。

ただ今回は嫁と娘がいないし、時間的な余裕はあったので、
在来線で2時間かけて幕張メッセへ!!!


最寄りの海浜幕張駅につくと、
人が多く、藤井聡太七段、羽生竜王からの将棋人気は
あがっていることを実感したのだが、
幕張メッセについたらビックリ!


IMG_1199


このための人ゴミだった!!!

SKEだけでなく、NMB、HKTの握手会もやってたから、
そりゃ人が多いわけだ。。。

HKTってことは指原も来てるのかな~?くらいの知識しかないから、
そんなに興味を持たずにJT杯の会場へ!


会場につくとこれまた人が多く、
これこそ藤井聡太七段、羽生竜王人気だと再認識した。

JT杯はテーブルマークこども大会も一緒に行っているみたいで、
小学生の子供たちが多かった。


自分が入場したときには小学校低学年の決勝戦がやっていました。

決勝に残ったら着物着せられた上に、
観客が見ているところでの対局だから相当緊張したと思う。

けど自分の棋力はアマチュア1級程度だから盤面を見たところで、
ついていけるはずがなかった・・・

低学年でも決勝行けるくらいだと、
アマチュア6段くらいの棋力はあるんですかね??


低学年が終わったら今度は高学年の決勝。


ちなみに藤井聡太七段はテーブルマークこども大会・名古屋大会の
低学年の部門で優勝。
菅井達也七段は岡山大会の高学年の部門で優勝経験があるみたいで、
こういう大会で優勝したらプロになれる可能性がでてくるのかな。


子供大会が終わったらいよいよJT杯決勝。

渡辺棋王 vs 菅井達也七段

IMG_1211



こども大会の決勝の前にスーツで登場してあいさつしていたけど、
決勝となると着物で登場。

棋士はやっぱり着物を着ていた方が様になっているというか、
すごくかっこよかった。


戦型は中飛車穴熊(菅井)vs居飛車銀冠(渡辺)

自分は振り飛車党だから今回菅井七段の将棋を生で見れたことはうれしかったが、
それよりも渡辺棋王の将棋を見れたことの方がうれしかったw

そりゃ自分みたいなミーハーは、
あの羽生竜王とタイトルを取り合った渡辺棋王の方がいいでしょ!


対局は後手の渡辺棋王が114手で勝ったのだが、
対穴熊戦のお手本と言わんばかりの崩し方で、すごく勉強になりました。

対局後は感想戦があり、
『86歩をケチった』
といった言い方が渡辺棋王らしかったw


帰るときには勝者渡辺棋王との握手会。

めちゃくちゃ緊張したけど、とてもやさしそうで、
一人一人に深々と頭を下げながら握手をしていた渡辺棋王が、
とても印象的でした。

さらに手がホントにプニプニでした!

前にいた小学生が興奮してて、
『一生手を洗わない!!!』
って言ってたのに対してお母さんらしき人が、
『ただのおっさんだよwww』って・・・

確かにおっさんだけど、
自分もほんとに興奮したし、
同じ幕張メッセで握手会していたアイドルよりも
渡辺棋王との握手の方がうれしかった。


今回協賛していたテーブルマークからレンチンご飯の試供品ももらえたし、
将棋も楽しめたし、久しぶりに充実した一日だった。





自分は楽天ヘビーユーザーである。


財布とか靴を買うことがあれば、
店舗で視察・試着して楽天市場でポチリ!


出張とか家族で旅行をしようとなれば、
楽天トラベルで予約!


街中で10,000円以上の買い物をする場合は、
ポイント欲しさに楽天カードで支払い!


ゴルフをするとなれば、楽天GORA!


格安SIMは楽天モバイル


もし楽天が倒産したとなれば、自分も破綻しますねw


こんなに楽天を使うのは、
他のカードよりポイント還元率が高い!!!



その還元率に魅了されてできるだけポイント還元率を上げようと、
5月に楽天ゴールドカードにグレードアップした。

楽天カード

普通の楽天カードの色はシルバーだけど、
ゴールドカードはゴールド!って言いたいところだけど、
実際は若干ピンクが入ったゴールド。

もう一ランク上の楽天プレミアムカードはまさしくゴールド!

でも自分には必要ない。


楽天ゴールドカードは年会費2000円。

それを支払ってでも自分には入ってもメリットがあった。



そもそも楽天カードって???


CMでもよくやっているから、
説明するまでもないけど、
クレジットカードの一種で、購入金額の1%がポイント還元される。

そんでいろいろな条件でポイント還元率が上がっていく。

楽天市場アプリで購入すれば+1倍

楽天カードで購入すれば+2倍

楽天トラベルを利用すると+1倍(利用後1か月のみ)

楽天モバイルに加入すると+2倍。

カードの引き出し先を楽天銀行にすると+1倍


これだけでも7倍のポイント還元率となる。

そうなると1000円買ったら70円分のポイントが還元される。


うちは光熱費の支払い、ネット代を楽天カード払いにしている。

そうすると何もしなくても毎月約数100円ポイント還元される。


そんな金額少なすぎでしょ!なんていう人いるかもしれないけど、
その微々たる積み重ねが家計の節約につながっていると思っている。


ポイント+2倍


この楽天ポイント+2倍が自分にとってメリットがあった。

というのも楽天カードで年間10万円以上の買い物をすると、
+2倍の分だけで2000ポイント還元される。

そうなれば年間2000円分は事実上チャラになる!!!

それ以上は使えば使う分だけプラスになる。



国内の空港ラウンジ2回入場無料


たまに出張で空港に行くのだが、
いつも心配だから3時間前くらいには空港にいるようにしている。

そうなるとホントに暇な時間が多くなってしまう。


そんなときに利用したいのが空港ラウンジ!

一度だけ入ったが、ビジネスクラスほどのクォリティーではないが、
ジュースは飲み放題だし、雑誌も一通りある。

コンセントもあるから、充電もできるし、パソコンもいじれる。


これもゴールドカードもメリットの一つ!


嫁が楽天モバイルにした話

前にこんなブログを書きました。
よければこちらも観てください!!!


そもそもこのカードの存在を知ったのは、
去年初めて年間10万円以上使った時、楽天からはがきが来た。

『10万使ってんだから、こっちのカードにしたらお得だよ!』

ってことが書いてあった。

その言葉にだまされて、自分はゴールドカードに切り替えたけど、
今のところデメリットはない!

10万円以上使う人は絶対切り替えるべき!!!

前回のブログでは大学院に行った場合のメリットを投稿したが、
今回は逆にデメリット的な話をしようと思う。

実際に自分はメリットとデメリットの割合は9:1くらいかな〜。

自分の経験談とか大学院の同期の話とかします。


 


専門分野で就職ができないことも・・・


これに関しては、当たり前のことを書いていく。

大学院に進学する人の多くは、
専門分野を深く学びたいという思いで進学する。

もちろん自分もそのうちの1人。

まぁ就活のための進学といっても過言ではないが。。。


同期の中にはまだ就職したくないから進学するクズがいた。
公務員試験を受けるために浪人の肩書がイヤで進学するバカもいた。


研究室選びに失敗した場合、
興味のない研究室の興味のない研究テーマで、
大切な大学院生活を棒に振ってしまうというかわいそうな事例もある。

そんな人も含め、適当に大学院生活を送ってしまうと、
就職活動で自分のアピールポイントがなくなってしまう。

そうなると自分が就きたい職業につけないという最悪の事態に。。。


自分の同期でも化学系の大学院に進学したのにも関わらず、
システムエンジニアやサービス業など、
希望の業界に就職できない人がいた。

こんなことになってしまったら大学院に進学しても意味がない。


そもそも大学に入るときもそうだけど、
こういう仕事がしたい、こういう分野の勉強をしたいっていうような、
目標がない人は大学、大学院に進学するメリットは全くない。



就活する時間が限られる


大学院は専門分野を極める場所。

毎日毎日実験して自分が与えられたテーマに対して、
結果を求められる。

まぁ求められる結果なんて簡単に出たら、
世の中の技術はさらに進歩しているはずだし、
ノーベル賞級の研究がザラに出ているはず。


就職活動のタイミングは大学院1年の冬から始まる。

ただ結果を求められるのから実験をしなければならない。

さらに地方大学が都心部で就活するとなると、
移動だけで一日かかる場合もある。

そうなると上京して漫画喫茶で報告会の資料作成を
する羽目になっていた。


そんな葛藤があって自分は内定をもらう時期が少し遅れた。


『この研究の成果が出来なければ卒業させないよ。』

アカデミックハラスメント(通称:アカハラ)という言葉もあり、
大学院生はほんとに大変。


まぁそういう事例は稀だけど、大学院生はほんとに忙しい💦


最近ツイッターで【フリーランス目指して大学辞めます!】っていうのがあったけど、
それはそれで正解だと思う。

大卒の肩書はフリーランスには全く意味がない。

必要ないものに対して執着する必要はない。



大学院に行くと専門知識は得られるが、
それなりの縛りはある。

自分が求める職業が明確に決まっていないと、
大学院に行く必要は間違いなくない。


と思う。


↑このページのトップヘ