負けられないB型肝炎との戦い

自分が感染しているB型肝炎ウイルスとの共病ブログをメインに、 旅行や、これまでの経緯を投稿していきます。

ブログのタイトルとかTwitterでわかる通り、
自分はB型肝炎ウイルスキャリアである。

この病気にかかると相当厄介なことが多い。

ということで当事者としてB型肝炎について、
過去に書いた内容についてのまとめになるかもしれないが、
感染するとこんなことがあるよということを紹介しようと思う。


周りに公表しづらい


現在、B型肝炎は性病によって感染するということが
周知されていると思います。
性病の検査項目にもあるからね。

たとえ病気になったとしても、
『私は〇〇の病気にかかっています!』なんて、
大々的に公表する人はいないと思う。

ただ会社の健康診断で、検査項目の一つにある場合がある。

自分が前の会社に入社した時、
入社時の健康診断から1ヶ月後の結果報告の時に、
当時の総務課長から呼ばれて、

『あなたはB型肝炎ウイルスに感染しているかもしれないから、病院に行ってください。』
『これは性病だから注意してね。』

だけなら別に良かったのだが、

『まぁ前のパートナーを恨むしかないね。』

はぁ? そんなんじゃないし、余計なお世だし。
第一自分は性行為での感染じゃねーし。


ということで、会社員だと健康診断等でバレるし、
不愉快な上司だとこんな感じで言ってくるパターンもある。

まぁそれから広まることはなかったが、
【B型肝炎の感染=性行為感染】のイメージが強いから、
あまり仲のいい友達にもあまり公表しづらい。


通院がめんどくさい


B型肝炎ウイルスに感染してしまったとき、
ふとした時にウイルスが暴走して、
肝機能の数値が高くなるか全くわからない。

その場合、【経過観察】というのが必要になってくる。

これは定期的にウイルスが増えているか、調べる必要がある。

いつまで?

ウイルスがなくなるまで。。。

ただウイルスをなくすなんて不可能のはずだから、
一生ってことだね。。。

ってことは一生通院ってこと。

別に3ヶ月、もしくは半年に一度の血液検査だから、
そこまでの頻度ではないが、
一般の人よりは病院に行かなければならないのだから、
なにかとめんどくさいことには変わりはない。


ひどくなるとさらにめんどくさい


B型肝炎ウイルスが暴走すると、
慢性肝炎になる可能性がある。

現在の自分の症状だが、
これは本当にめんどくさいし、お金がすごくかかる。

血液検査の頻度は1〜2ヶ月に一度と多くなるし、
ウイルスを一時的になくす薬を飲まなければならない。

いつまで?

ウイルスがなくなるまで。。。

ってことで、一生飲まなければならない。。。

パートナーに感染させてしまうことも・・・


この病気は言わずもがな性病の一つ。

正直ワンナイトラブとかの不特定多数との性行為を行うなら、
別にいちいち申告しなくてもって思うけど、
パートナーとなるとそうはいかない。

感染させてしまったら、責任を取らなくてはいけない。

実際嫁には付き合う前に公表している。

まぁ自分は結婚を前提に付き合おうとも思ったし、
別れたとしたら、それはそれでなんか悪いし。。。


ということで、感染させちゃうかもという背徳感があるのが、
この病気の厄介なことの一つである。



ということで、B型肝炎ウイルスとは非常に厄介な病気。

現在でも年間10,000人くらいの人が感染しているみたい。

母子感染は仕方ないとしても、性行為での感染は防げる!!!


このブログは超微力ながらB型肝炎ウイルスの感染をとめる
活動の一環になれるように頑張る!!! 

自分がブログを書き始めたのには2つの理由がある。

現状をかえたいのとB型肝炎について当事者として発信したい。

そもそもこのブログは嫁が書いていたものだが、
それを奪った形で最近は自分が投稿しているw

理由は以下の3点。


①副業がしたい


これはサラリーマンとしてはタブーの一手。
会社には規則があって、おそらく大体の会社で副業というのは
就業規則のなかで副業禁止規定ではある。

その中でもロート製薬とかソフトバンクとか日産自動車とかが副業を容認している。

また2017年11月には働き方改革の一環で、政府が副業容認を推進している。

その流れは自分の会社には適応されてはいないが、
いずれ解禁になるはずと期待している。


そもそも副業をしたいと思ったきっかけは、
やはりお金である。

別に本業の収入に不満があるわけではないが、
子供が成人になるまでのお金を計算すると、
やはり相当な金額となる。

また自分が自由に使えるお金が必要だと思ったのも理由のひとつ。


副業でもいろいろ種類はあるが、
アルバイトは年末調整で会社にバレてしまう。
株は少しずつやっているが、お金を生み出すには相当な時間がかかる。
ということで、ブログに手を出した。


②会社の仕事がマンネリ化してきた


今の仕事をし始めてもうすぐ3年経つ。
今年の夏くらいまではやる気に満ち溢れていた。

今の会社には問題が山積み。
上層部も理解している問題で、
自分たち部下に解決策を提案するよう指示をしていた。

この山積みの問題の中で品質問題に関わる対策について、
練りに練って解決策を考え出した。

この解決策をまとめて上層部に報告したところ、

『画期的で品質は確実に良くなるが、コストがかかりすぎる』

と言われ、却下。

いやいや。。。
コストがかかりすぎるけど、
今クレームが来てるものが全てなくなりますよ!
各社品質に力を入れている状況で、うちが見劣りする可能性ありますよ!

と伝えるも却下。

結局コストがかからない案のみ採用されたが、
根本的な改善にはなっていない。

ほぼ半年経った今でクレーム数は変わらないし、
逆に増加傾向。

こんな状況じゃさすがにやる気なくすって。。。

③現状を打破したい

現在の職場では事務所に5人。
製造現場に30人くらいしかいない小規模な会社。

しかも製造現場の30人はほぼ外人。 

毎日同じところに出勤して、同じ人と話して。。。
ということについて正直飽きて来た。

別にイヤというわけではない、同僚の話とか聞くのも面白いし、
給料面でも不満はないのだが、刺激が全くない。。。


こんな現状があと30年近く続くことを考えるとゾッとしてしまった。


というところでブログを書いて発信して、
他人のブログをみて勉強したり、新しい刺激を得たり、
まずはそこから始めてみようと思った。


今後サロンとかにも入って、いろんな人の意見とか聞いてみたい。
もちろんこちらも発信はし続けるけどね!


 

自分の仕事は自社製品を売り込むときに、
自社製品をユーザーの装置で生産しやすいような条件をアドバイスしたり、
自社製品を使ってくれているユーザーのクレームについて対応している。

いわゆる技術サービスというような仕事である。


というのはホントのようでウソのような話。。。

中途採用で入社した時には研究開発で採用されたのだが、
今では研究開発+技術サービス+生産技術+材料調達。

やることが多すぎるんだよ・・・

中小企業だから人が足りないからしょうがない。。。


といいつつも、”なんとか”スケジュール調整をして、
基本的には残業時間を10時間程度で抑えている。

子会社に出向してからはこの残業時間で動いている。

”なんとか”というのはちょっとカラクリがある。

人がいないということを口実にものすごく楽に仕事をしている。


自分には部下が一人いて、自分は力量を完全に把握している。

基本的には研究開発についての作業はほぼ丸投げ状態。

となると残るは技術サービスと生産技術と材料調達。


技術サービスは月に数回。

生産技術は平均週一。

材料調達は無くなったら。。。

これをみてもらうとわかる通り、
自分のやっている仕事は大したことない。

なぜこんなことが出来るのかというと、
管理職が近くにいても、部下に無関心であったり、
自分がやっている仕事を担当している営業が本社にいるので、
こちらの進捗状況とかを把握しきれていない。


それでも人が足りん!って思うのは、
やはり日常で関わる人が少な過ぎて、
刺激が全くといっていいほどなにもない。

事務所にいるのは5人だし、
工場にいるのはあまり日本語ができない外国人労働者。


こんな状況だからネットに関わることを始めた。


家族との時間は幸せだし、楽しいし、不満はないけど、

仕事面で・・・

ホントに日常に飽きたな〜って思って、

これがあと30年続くのか〜って思って、

こんなんでいいのかな〜って思って、

でもやめたら収入なくなるな〜って思って、

さすがに辞めるのはムリだな〜って思って、

なんかしたいな〜って思った。


ってことでネットというかSNSを本格的に始めたいと思った。


せっかくネットに関わることをするなら、
それをビジネス化して収益を得てみたいとも思った。


もしかしたら会社の人にバレるかもしれないので、
匿名でやっていく。


決めたこととしては、
絶対収益化するまで辞めない!ということ。


最悪の場合、自分が死んだとしても、
ネットに自分が記したこのブログが残っているので、
これも財産の一部ということにもなるし!


人材不足だから人を補充するのは管理職の仕事。

自分は頑張って副業を成功させてみる!



日にちが空いたけどこれからも頑張って投稿していく!

 

↑このページのトップヘ